• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

一刀の無限 木田安彦木版画集成

一刀の無限 木田安彦木版画集成

剛胆かつ緻密な作品に込められた深い祈り。木田安彦・木版画業の集大成の一冊。

著者 木田 安彦
ジャンル 社会 > 芸術
評論・自伝 > 自伝
出版年月日 2012年05月20日
ISBN 9784623063710
判型・ページ数 A4変・550ページ
定価 本体15,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
  • 関連記事

熱狂の芸術家
……彼はただそれらの寺を描くばかりではなく、寺の背後の鬱蒼たる森や、寺を守僧や、寺に詣る善男善女を生き生きと描く。そこに歌われているのは祈りを通じた高らかな人間肯定である。(本書「序文」より)梅原 猛(哲学者)

異才の版画家・木田安彦初めての自伝的作品集。木田安彦伝では、生誕から現在までを、エピソードを中心に描き、その芸術精神の神髄に迫る。木版画集成では、19歳から今日に至る厖大な作品群を編年によって紹介し、併せてその折々の貴重な資料と写真を使って、木田安彦の作品世界を立体的に浮かび上がらせる。
オールカラーによる本作品集は、木田ファンのみならず、版画愛好家垂涎の超豪華作品集。

木版画、板絵、ガラス絵、水墨・油彩・陶、書など、多彩なジャンルをこなす異才・木田安彦。本書では、19歳から現在に至るまでに制作した作品を、木版画を中心に資料と写真などもふくめ、年次別に構成。
また、梅原猛氏による序文、田中一光氏らとの交遊など10のエピソードから木田安彦の生涯をたどる(石川健次・東京工芸大学教授執筆)。
剛胆かつ緻密な作品に込められた深い祈りが感じとれる、氏の画業の集大成。

序文・熱狂の芸術家(梅原 猛/哲学者)

Ⅰ エピソードでつづる木田安彦伝(石川健次/東京工芸大学教授)
  1 四つの名前
  2 絵の英才教育を受ける
  3 充実と曲折の学生生活
  4 阿波踊りに熱中する
  5 博報堂入社、そして退社
  6 《三十三間堂》に結実する
  7 父で、兄で、先生で
  8 忘れえぬ人たち
  9 いいものに囲まれて生きる
  10 《西国三十三所》はスタート

◇木版画と資料
 ○木版画集成
 ○資料

木版画制作を卒業して(木田安彦)
作品目録

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620