• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

俾弥呼の真実

俾弥呼の真実

青年の日、師の言葉が考究の生涯を決定づけた…。思索の軌跡を集成する新シリーズ、ここに刊行開始。

著者 古田 武彦
古田武彦と古代史を研究する会
ジャンル 日本史
シリーズ 日本史 > 古田武彦・歴史への探究 1
出版年月日 2013年03月10日
ISBN 9784623064922
判型・ページ数 4-6・378ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
  • 関連記事

論理の導くところへ

「邪馬壹国」論や九州王朝説などで知られる古代史家・古田武彦は日々何を考究するのか。古代史学説から、近代史学批判、そして教育問題や「3・11」に揺れる現代社会への提言まで、1999年から2012年にかけて発表された多岐にわたるその思索の軌跡をテーマごとに集成。第一巻は、銅鐸論、万葉論、「東日流外三郡誌」論などの古代史論考を収録、新たな、そして真の古代像を提示する。

はしがき

第一篇 俾弥呼のふるさと
 閑中月記 邪馬壹国の場所
 「筑紫、正倉院」の発見
 筑後礼賛——正倉院と鬼夜
 難波の源流
 待望の一書
 吉山旧記
 金印の入口
 飛鳥研究実験
 日出ずる処の天子——憲法論

第二篇 俾弥呼の時代
 狗奴国
 岩波文庫をめぐって
 続・岩波文庫をめぐって
 『週刊朝日』の「邪馬台国」論
 続・『週刊朝日』の「邪馬台国」論

第三篇 真実を語る遺物・出土物
 王仲殊説の行方
 神の手の論証
 神籠石談話
 神籠石の証明—古代山城論
 古代高度防災施設について——真実の出発
 炎上実験
 銅鐸論
 続・銅鐸論
 小さな名著——「銅鐸と舌」と共に
 真実の三角縁神獣鏡

第四篇 抹消された史実
 転用の法隆寺
 悲歌の真実——弟橘比売
 柿本人麿
 本居宣長批判
 続・本居宣長批判

第五篇 もう一つの消された日本の歴史——和田家文書
 毀誉褒貶——和田喜八郎さんに捧ぐ
 寛政原本の出現
 寛政原本の内実
 寛政原本のリトマス試験紙
 東奥日報人にささぐ
 寛政原本と福沢諭吉
 知己あり、三郡誌

編集にあたって(古田武彦と古代史を研究する会・藤沢徹)
人名・事項・地名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620