• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

生命倫理の教科書 何が問題なのか

生命倫理の教科書

生命倫理の基礎知識を伝え、現代人にとっての難題に方向性を見出す。

著者 黒崎 剛 編著
野村 俊明 編著
ジャンル テキスト > 哲学・思想 > 哲学・思想テキスト
哲学・思想
出版年月日 2014年01月30日
ISBN 9784623066469
判型・ページ数 A5・296ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

「人間の自由」はどこまで拡大できるか
安楽死、人工妊娠中絶、脳死、遺伝子操作…「生命」をめぐる難題を考える、最良の道案内。

自然に対する「人間の自由」はどこまで拡大できるのか。「生命倫理」の名の下に総括される社会的問題群のうち、患者中心の新しい医療倫理、そして従来の倫理観では処理できない最先端の生命工学の問題を、どのように考えたらよいのか。本書では、生命倫理の諸問題に関する基礎知識を伝えたうえで、「自己決定権」と「生命操作」をキーワードに、現代人が取り組むべき難題に方向性を見出す。

〔ここがポイント〕
・安楽死、人工妊娠中絶、脳死、遺伝子操作…「生命」をめぐる難題はいまどうなっているのか。
・生命倫理の勉強を始めたい人のための最良の道案内。

読者のみなさんへ
序 章 なぜいま「生命」に関して「倫理」が問題となるのか(黒崎 剛)
 1 「生命」に関わる倫理と哲学の要求
 2 「生命」に関する倫理の誕生――「バイオエシックス」と「生命倫理」

 第I部 「自己決定権」をめぐる問題

第1章 患者の権利と「インフォームド・コンセント」(黒崎 剛/金澤秀嗣)
 1 患者中心の医療の時代――「インフォームド・コンセント」とは何か
 2 インフォームド・コンセントの思想
 3 インフォームド・コンセント型医療において発生する問題
 4 インフォームド・コンセント型医療に対する期待

第2章 安楽死と尊厳死(黒崎 剛/中畑邦夫)
 1 安楽死
 2 尊厳死

第3章 人工妊娠中絶をめぐる議論(黒崎 剛/竹村香織)
 1 日本における人工妊娠中絶
 2 中絶問題が社会的対立を生む国――アメリカ合衆国の例
 3 中絶をめぐる議論――「生命の尊厳」と「女性の自己決定権」との対立
 4 中絶をめぐる争いを調停できるか

 第Ⅱ部 「生命操作」をめぐる問題

第4章 脳死と臓器移植(黒崎 剛)
 1 「脳死」という思想問題――生と死をどこで線引きするか
 2 臓器移植で何が議論になっているのか
 3 暫定的考察
 4 新しい局面――臓器移植から再生医療へ

第5章 「生殖革命」は人間の何を変えるのか(小島優子/黒崎 剛)
 1 人工生殖技術についての基礎知識
 2 「家族」関係に関わる問題
 3 生殖ビジネス
 4 不妊の「治療」を超えて
   ――作る側の理屈と生命操作の接点

第6章 遺伝子操作――人間的自由の最終局面(黒崎 剛)
 1 遺伝子を知る,操作する
 2 遺伝子を知ること,操作することへの不安
 3 人間の遺伝子操作へ向けられた反対論
 4 遺伝子操作に秘められた哲学的問題
 5 資本主義と遺伝子――坂を滑るのか,未来に着地するのか

 第Ⅲ部 「医療者の倫理」に関わる問題

第7章 医療倫理・臨床倫理・研究倫理(野村俊明)
 1 医療倫理の原則
 2 臨床倫理学
 3 医療従事者―患者関係の変化とチーム医療の時代
 4 研究倫理

巻末資料
あとがき
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620