• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

なにがちがうの? アスペルガー症候群の子の見え方・感じ方

なにがちがうの? アスペルガー症候群の子の見え方・感じ方

アスペルガー症候群の子がどのように見ているか、感じているかを、小学校生活の場面で紹介

著者 内山 登紀夫 監修
尾崎 ミオ
ジャンル 心理 > 発達心理
教育
社会福祉
シリーズ 教育 > 新しい発達と障害を考える本 6
出版年月日 2014年01月25日
ISBN 9784623069910
判型・ページ数 AB・56ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
  • 関連記事

アスペルガー症候群の子がどのように見ているか、感じているかを、小学校生活の場面で紹介。さきさん、るりさん、こうへいくん、しょうごくんが登場、自分のことばで語ります。まわりの子からすると、勝手でわがままにみえる行動にも、ちゃんと理由があって、その子にとってはむしろそう行動するのが自然、ということがわかるはず。知らないと腹が立ったりけんかになったりすることも、おたがいの感じ方がわかれば、きっといい解決法が見つかります!

[ここがポイント]
●第1章ではタイプの違う4人の小学生が、それそれの見え方・感じ方、行動の意味を話す
●学校生活でありがちな場面、できごとをとらえて構成
●ほのぼのコミカルなイラストが内面も描く
●「ぼく」「わたし」にとってどうしてくれるのがいいかを、「グッド!」と「NG」の対比で提示
●第2章では脳のはたらきとアスペルガー症候群の関係について小学生にもわかるように解説
●多くの人と違う感覚についての証言ページ、アスペルガー症候群の知識とつきあい方のポイントQ&Aのページも掲載
●何年生でも読めるふりがなつき

ははじめに―この本に出てくるおともだちのこと 
この本の構成

第1章 ぼくって、わたしって、こんな感じ
 1 さきさんの場合 はっきり正確でなきゃだめ!
 2 さきさんの場合 人との関係ってむずかしい
 3 るりさんの場合 「ぐるぐる思考」にはまりこむ
 4 るりさんの場合 聞こえすぎ、見えすぎでつらい
 5 るりさんの場合 服がいたい、食べ物がくさい
 6 こうへいくんの場合 思ったように動けない
 7 こうへいくんの場合 かんじんなときに、だめになる
 8 しょうごくんの場合 いつも頭がとっちらかってる
 9 しょうごくんの場合 好きに夢中、苦手は… 
 ふりかえってみよう これはグッド! 

第2章 アスペルガー症候群のこと知って、つきあって
 アスペルガー症候群のこと、知ってね 
 感じ方からわかってほしい 
 アスペルガー症候群Q&A 知識とつきあいのまとめ 
 
大人の読者の方へ 
参考資料など 

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620