• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

なにがちがうの? ADHD(注意欠陥多動性障害)の子の見え方・感じ方

なにがちがうの? ADHD(注意欠陥多動性障害)の子の見え方・感じ方
著者 内山 登紀夫 監修
高山 恵子
ジャンル 心理 > 発達心理
教育
社会福祉
シリーズ 教育 > 新しい発達と障害を考える本 8
出版年月日 2014年02月25日
ISBN 9784623069934
判型・ページ数 AB・56ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
  • 関連記事

ADHDは行動のコントロールがむずかしい障害。「うっかり」わすれたり、「つい」人の迷惑になることをしてしまったり。そのときは反省しても、また同じことを繰り返すので、あきれられたり……。まわりも困るけど、いちばん困っているのは本人です。ADHDの子どもが失敗した瞬間どんな気持ちでいるのか、そこから理解していけば、きっといい関係が築けます。 わかなさん、かんたくん、まみさん、てっぺいくんが登場、自分のことばで語ります。

[ここがポイント]
●タイプの違う4人の小学生が、それぞれの見え方・感じ方、行動の意味を話す
●日々の生活でありがちな場面、できごとをとらえて構成
●コミカルで表情豊かなイラストが内面も伝える
●特性に合わせてどうするとうまくいくかを、「グッド!」と「NG」の対比で提示
●第2章では脳のはたらきとADHDの関係について小学生にもわかるように解説
●それぞれ違う困っていることの証言ページ、ADHDの知識とつきあい方のポイントQ&Aのページも掲載
●何年生でも読めるふりがなつき

はじめに――この本に出てくるおともだちのこと 
この本の構成 

第1章 ぼくって、わたしって、こんな感じ
 1 わかなさんの場合 「うっかり」わすれる
 2 わかなさんの場合 ぼうっとしている
 3 わかなさんの場合 整理せいとんは苦手
 4 かんたくんの場合 ぱっとやってしまう、言ってしまう
 5 かんたくんの場合 おしゃべりでエネルギッシュ
 6 かんたくんの場合 いろいろ、ひらめく
 7 まみさんの場合 いっつも、まちがえる
 8 てっぺいくんの場合 なぜか、うまくいかない!
 9 それぞれの場合 得意なこともいろいろある 
 ふりかえってみよう これはグッド! 

第2章 ADHDのこと知って、つきあって
 ADHDについてわかってきたことがある 
 こまっている気持ちを知ってほしい 
 実力が出せるよう、おうえんしてね! 
 ADHD Q&A 知識とつきあいかたのまとめ 

大人の読者の方へ 
参考資料など

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461