• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

三好長慶 諸人之を仰ぐこと北斗泰山

三好長慶

知られざるその波乱に満ちた生涯と一族の運命を、史料を駆使し、事実に基づいて詳細に描くことで、これまでのイメージを塗り替える。

著者 天野 忠幸
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2014年04月10日
ISBN 9784623070725
判型・ページ数 4-6・328ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

室町幕府に挑み続けた勇将、戦乱の天下を治めた生涯とは

三好長慶(1522〜1564)戦国時代の武将。
足利将軍を追放して首都京都を制圧した。堺を基盤に近畿・四国で十三か国に勢力を伸ばした長慶の新しい政治政策は織田信長の先駆けとされる。連歌に優れ、文化人としての逸話も多い。

[ここがポイント]
◎二次史料のイメージを脱し、事実に基づいて実像を描く。
◎戦国時代有数の武将ながらいまでは知られざる存在となった人物にあらためて光をあてる。

[副題の由来]
大林宗套が長慶の三回忌において述べた言葉より。長慶は兵法に通じ歌道を究めた。そのため、諸人は長慶を北極星や中国の名山である泰山(日本人にとっての富士山)を仰ぎ見るように尊敬したと高く評価した(本書255頁参照)

はじめに――世界に伝えられた三好氏

第一章 「堺幕府」の崩壊と家督の継承
 1 三好氏と阿波、畿内
 2 天文の一向一揆
 3 越水城主として

第二章 細川晴元・足利義輝との戦い
 1 細川晴元からの自立
 2 将軍足利義輝との対立
 3 畿内制覇

第三章 領国の拡大と幕府秩序への挑戦
 1 永禄改元
 2 近国の主へ
 3 家格の上昇

第四章 三好一族と松永兄弟
 1 長慶とその家族
 2 長慶を支えた家臣
 3 松永兄弟
 4 三好三人衆

第五章 領国の統治
 1 村落の支配
 2 東瀬戸内・大阪湾を制す
 3 権力と宗教
 4 三好領国の構造

第六章 後継者たちの苦悩
 1 足利義輝を討つ
 2 長慶の葬礼

参考文献
おわりに
三好長慶略年譜
人名索引  

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620