• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

道元 道は無窮なり

道元

様々な観点から評価がなされてきた日本曹洞宗の開祖・道元。本書では日本仏教史の文脈の中で捉え直すことを目指す。

著者 船岡 誠
ジャンル 哲学・思想
日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2014年06月10日
ISBN 9784623071043
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

道元(1200〜1253)鎌倉時代の僧侶。

村上源氏の家に生まれるも、若くして出家し、比叡山などで修行を積む。渡宋し曹洞宗を学び、帰国後日本にこれを広め、波多野義重の誘いにより越前に永平寺を開いた。多くの哲学者が興味を抱いた仏法者が、時代と格闘しながら試行錯誤の末に辿り着いた思想に迫る。

[ここがポイント]
・経営者や思想家から人気のある仏法者の本格評伝である
・道元の父親は誰なのか、修行中に栄西に会ったのかなど、長年論争になっていたテーマにも言及している

はしがき

第一章 紳纓の胤
 1 道元の誕生
 2 出家受戒

第二章 興禅の秋
 1 公胤の示唆
 2 渡宋の準備

第三章 入宋求法の旅
 1 法を求めて
 2 嗣書憧憬
 3 諸山巡歴

第四章 大事了畢
 1 天童如浄
 2 『宝慶記』の世界

第五章 深草閑居
 1 空手還郷
 2 弁道話の世界

第六章 弘法求生
 1 一寺草創の志願
 2 『随聞記』の世界

第七章 一箇半箇の接得
 1 永平寺建立
 2 鎌倉行化

参考文献
あとがき
道元略年譜
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620