• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

西欧世界の勃興[新装版] 新しい経済史の試み

西欧世界の勃興[新装版]

西欧中心史観の再検討、比較を通じての世界史の構築、この新しい潮流の中で、輝きを失わない古典的名著。

著者 D.C.ノース
R.P.トマス
速水 融
穐本 洋哉
ジャンル 世界史
経済
出版年月日 2014年09月25日
ISBN 9784623071715
判型・ページ数 A5・276ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

人類史における画期的な現象である近代西欧社会の形成。本書は、新古典派の経済理論と経済史分析の統合を目指すニュー・エコノミック・ヒストリーの名著。人口変動と収穫逓減の法則を組み込んだ効率的経済組織の発展こそが、この勃興の原動力であることを示す。巻末には、ダグラス・ノース氏(1993年ノーベル経済学賞受賞)と大塚久雄氏の対談「経済史の基本問題をめぐって」、速水氏の「ダグラス・ノースの経済学を語る」を収録し、装い新たに刊行する。(原書 Douglass C. North & Robert Paul Thomas, The Rise of the Western World : A New Economic History, Cambridge University Press, 1973.)

[ここがポイント]
◎ 新古典派の経済理論と経済史を切り結ぶニューエコノミックヒストリーの成果。
◎ 歴史的に見ても稀有な存在である西欧社会の発展をグローバル・ヒストリーの文脈で読み解く。

序 文 

 第Ⅰ部 理論と概観
第1章 課 題
第2章 概 観

 第Ⅱ部 中世:900〜1500年
第3章 土地所有および人格的所有権
第4章 中世前期末の経済状態
第5章 中世盛期 : ある種の辺境運動
第6章 13世紀のヨーロッパ
第7章 14、15世紀
 
 第Ⅲ部 近世社会:1500〜1700年
第8章 財政政策と所有権
第9章 近 世
第10章 フランスおよびスペイン—失格者
第11章 オランダと経済成長の成功
第12章 イングランド

エピローグ
文献目録
対談 経済史の基本的問題をめぐって
ダグラス・ノースの経済学を語る
訳者あとがき
再版に当たっての訳者補記
新装版へのあとがき
索 引
エピローグ
文献目録
対談 経済史の基本的問題をめぐって
(D・C・ノース/大塚久雄)
ダグラス・ノースの経済学を語る(速水融)
訳者あとがき
再版に当たっての訳者補記
新装版へのあとがき
索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620