• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

孝謙・称徳天皇 出家しても政を行ふに豈障らず

孝謙・称徳天皇

崇仏を貫いた古代最後の女帝。出家、重祚、道鏡重用の真意とは。

著者 勝浦 令子
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2014年10月10日
ISBN 9784623071814
判型・ページ数 4-6・380ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

孝謙・称徳天皇(718~770、在位:749~758、764~770)
異例の女性皇太子を経て即位し、藤原仲麻呂ら多くの政敵と闘い、父聖武天皇の仏教政策を継承しつつも、道鏡を重用し独自の政治を行った孝謙・称徳天皇。本書では「王権と仏教」「女性と仏教」という視点から、その実像に迫る。

[ここがポイント]
◎ 道鏡を重用して独自の政治を行った背景に何があったのか。
◎ 「王権と仏教」「女性と仏教」という視点から実像に迫る。

恵美押勝の乱に勝利した孝謙太上天皇は、称徳天皇として重祚するが、宣命第二十八詔で「出家しても政を行ふに豈障るべき物には在らず」と述べ、前代未聞の出家天皇としての政治を宣言した。これはまさに称徳による最終的な「崇仏天皇」の確立であった(本書184〜185頁参照)

はしがき

第一章 阿倍女王の出生――光明子所生草壁皇統の女子
 1 父母の血筋と婚姻
 2 阿倍女王の誕生
 3 外祖父不比等と祖母元明天皇の逝去

第二章 阿倍内親王の哀楽――弟夭折と母立后
 1 父の即位と弟皇太子の誕生と夭折
 2 母の立后

第三章 女性皇太子への道――立太子計画と東宮教育
 1 阿倍内親王への期待
 2 立太子への準備
 3 女性皇太子となる

第四章 阿倍皇太子の苦悩――女性皇太子の五節の舞
 1 阿倍皇太子時代の波乱
 2 阿倍皇太子、五月五日に「五節」を舞う
 3 女性皇太子の克服

第五章 孝謙天皇の自覚――即位と崇仏天皇の継承
 1 孝謙天皇となる
 2 崇仏天皇への道
 3 孝謙天皇の試練

第六章 孝謙太上天皇の反撃――出家と恵美押勝打倒
 1 孝謙太上天皇の時代
 2 孝謙太上天皇の出家
 3 孝謙尼太上天皇の勝利

第七章 称徳天皇の矜持――尼天皇重祚と道鏡法王
 1 称徳天皇の重祚
 2 僧俗による政治構想と神仏習合
 3 称徳尼天皇と道鏡法王

第八章 称徳天皇の手腕――女帝としての政治
 1 仏・神・儒、三教の政治
 2 称徳女帝と宮廷女性たち

第九章 称徳天皇の夢思――出家者皇位継承の模索
 1 尼天皇・法王体制の完成と綻び
 2 称徳の皇位観
 3 宇佐八幡神託事件

第十章 女性天皇の終焉――晩年の祈りと「負の記憶」
 1 称徳天皇の晩年
 2 称徳の残したもの

参考文献
あとがき
孝謙・称徳天皇略年譜
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620