• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

ソーシャルデザインで社会的孤立を防ぐ 政策連携と公私協働

ソーシャルデザインで社会的孤立を防ぐ

多くの分野の専門家たちが協働し、様々な政策を連動させ、いかに社会的孤立を防ぐ社会をデザインしていくかを考察

著者 藤本 健太郎 編著
ジャンル 政治・法律 > 政策
経済 > 社会政策
社会福祉
出版年月日 2014年11月30日
ISBN 9784623071982
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

◎本書を推薦します 炭谷 茂(恩賜財団済生会理事長 元環境事務次官 ソーシャルファームジャパン理事長)

社会的孤立は、今日の日本社会の最大の問題だ。気鋭の研究者による本書は、福祉、住宅、都市計画など多岐の分野にわたって分析、斬新で効果的な対策を提示している。豊富な経験に裏付けられた実践可能なものばかりだ。
行政、研究、福祉、住民活動などに従事する人に是非に一読を勧めたい。

 

社会的孤立は幅広い問題を含むため、都市政策、労働政策等、様々な政策分野を連動させるための総合的な政策が求められる。
本書は、こうした問題意識に基づき、経済学者、介護政策の研究者、住宅政策の研究者、労働法の研究者等の多分野の専門家たちが協働し、どのように異なる分野の政策を連動させ、どのように社会的孤立を防ぐ社会をデザインしていくかを考察したものである。

 

[ここがポイント]
◎ 多分野の研究者たちが協働し、政策連動等を論じた類例の無い内容。
◎ 政策連動の際、重要なアクターとなるNPO等の市民の力についても言及。

まえがき

序 章 社会的孤立を防ぐためのソーシャルデザイン(藤本健太郎)
    ――政策連動・公私連携によって社会をよりよく変える
 1 社会的孤立とソーシャルデザイン
 2 社会的孤立の進行
 3 社会的孤立の影響が懸念される属性
 4 日本では「普通の人」が社会的に孤立する

 第Ⅰ部 社会的孤立防止のための政策連動
第1章 少子・高齢化社会における技術変化と世代間コミットメント問題(小林慶一郎)
 1 経済と財政の視点から
 2 社会保障と技術
 3 方向づけられた技術変化
 4 社会保障と財政の持続性
   ――世代間投資の不可能性
 5 新たな設計思想
   ――「世代間コミットメントの不可能性」を制約条件とした社会設計を

第2章 地域医療・介護を支える地域包括ケアシステムの展開(東野定律)
 1 地域包括ケアシステムを必要とした社会的背景
 2 高齢者介護に関わる施策の推移と「地域包括ケアシステム」
 3 期待される地域包括ケアシステムとは
 4 地域包括ケアシステムの構築への取り組み
   ——静岡市における取り組み例から

第3章 社会保障としての住宅政策(白川泰之)
    ——コンパクトシティを志向したハード・ソフトの整備
 1 高齢者の地域居住に係る課題
 2 社会保障政策と住宅政策
 3 世代を越えた「ハード+ソフト」の居住支援へ
 4 さらなる「政策パッケージ」への拡張

第4章 コンパクトシティを志向した都市政策(土井 勉)
    ——人々をつなぐ交通を重視したまちづくり
 1 交通は人々をつなぐ
 2 交通とライフスタイルと都市構造
 3 モータリゼーションの進展と交通の実態
 4 交通行動の変化と,それからみえること
 5 都市構造の再編——コンパクトシティへの試み
 6 交通行動と都市構造のミスマッチとコンパクトシティ

第5章 社会的孤立とワーク・ライフ・バランス(藤本真理)
    ——介護と仕事、人間関係とボランティア
 1 孤立と労働の関係
 2 正社員的働き方の限界
 3 多様な「ライフ」要素と企業の行動
 4 長期的なワーク・ライフ・バランス
   ――職業訓練と就職支援
 5 労働法の役割と限界

第6章 社会的孤立を防ぐポリシーミックス(藤本健太郎)
    ——政策連動をデザインする
 1 縦割りを越えたポリシーミックス
 2 社会的孤立と年金政策
 3 社会的孤立を防ぐポリシーミックス

 第Ⅱ部 公私の連携で社会的孤立を防ぐ
第7章 新しい政策の担い手(藤本健太郎)
    ——公私の役割分担を考える
 1 市民が政策を担う
 2 市民が政策の担い手となる環境整備

第8章 地域社会における居場所の必要性と役割(東野定律)
 1 居場所の必要性と居場所の分類
 2 居場所がもたらす効果
 3 地域包括ケアシステムにおける居場所の現状
   ——静岡市における事例から
 4 地域包括ケアシステムにおける居場所の役割
 5 居場所づくりの今後

終 章 孤立社会からつながる社会へ(藤本健太郎)
 1 社会的孤立を防ぐために社会をデザインする
 2 つながる社会へ

索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620