• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

知って役立つ民俗学 現代社会への40の扉

知って役立つ民俗学

多様な分野の身近な疑問から出発して、生活や社会につながる民俗学の世界へと誘う初学者必携の書。

著者 福田 アジオ 責任編集
ジャンル テキスト > 社会 > 文化人類学・民俗学
社会 > 文化人類学・民俗学
出版年月日 2015年03月31日
ISBN 9784623071265
判型・ページ数 A5・308ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

「縁側って何?」「なぜお守りをもつの?」「お墓にはどんな意味があるの?」といった日常の素朴な疑問から、家族関係、介護、差別、自然破壊など現代の社会問題まで。農山漁村や伝統的な民俗事象を対象にしてきた民俗学が、今の日本の暮らしや社会を語るとどうなるのか。日々の生活や現代の問題を、民俗学の視点から考えられるようになる一冊。多様な分野の身近な疑問から出発して、生活や社会につながる民俗学の世界へと誘う初学者必携の書。

【ここがポイント】
◎ 見開き構成で、興味のある項目から読み始められる民俗学研究への導入書
◎ 民俗学は現代の社会問題を考えるためにも役立つということがわかる

まえがき
凡 例

第1章 現代の家族事情
 1 「おひとりさま」で生きていけますか?
  ――ひとり暮らしの人生設計 
 2 「サザエさん」家族のこれからは?
  ――家族の形の変化
 3 主婦は「職業」なのか?
  ――主婦権と女性  
 4 親の介護、どうしますか?
  ――家族の介護力と終の棲家
 [次の扉を開くための読書案内]

第2章 人間関係のゆくえ
 5 ムラ社会とはどんな社会?
   ――結集と排除
 6 「祭り」はなぜ盛り上がるのか?
   ――神事から祝祭へ
 7 お中元、お歳暮はなぜするのか?
   ――つきあいと贈答
 8 人々の絆はどうなっていくのか?
   ――血縁・地縁・社縁、そして無縁
[次の扉を開くための読書案内]

第3章 墓と葬儀
 9 お墓にはどんな意味があるのか?
   ――墓地と墓石の変化
 10 昔は土葬が普通だったというのは本当か?
   ――土葬から火葬へ
 11 おくりびとは昔からいたのか?
   ――葬祭業の現代
 12 どうして香典を持って行くのか?
   ――葬儀と義理
 [次の扉を開くための読書案内]

第4章 区別と差別
 13 放送禁止用語・放送禁止歌って知っていますか?
   ――「言い換え」に表れた差別
 14 「ブラク」は差別用語か?
   ――被差別部落の民俗
 15 いじめはなぜなくならないか?
   ――子ども社会の区別と差別
 16 ケガレと汚染は同じか?
   ――排除の民俗  
 [次の扉を開くための読書案内]

第5章 横並び志向の心理
 17 出る杭はどうして打たれるのか?
   ――個性の発現とムラ社会
 18 渡る世間は鬼ばかり?
   ――世間と空気  
 19 なぜユニフォームを着るのか?
   ――衣服で演じる一体感
 20 なぜきちんと行列を作るのか?
   ――秩序の民俗
 [次の扉を開くための読書案内] 

第6章 くらしと自然環境
 21 自然資源は誰のものか?
   ――コモンズの思想
 22 自然災害はどう伝えられてきたか?
   ――災害伝承の背景
 23 鯨を捕るのは悪いことか?
   ――捕鯨と自然保護 
 24 『もののけ姫』のメッセージは何?
   ――草木国土悉皆成仏
 [次の扉を開くための読書案内] 

第7章 神と自然
 25 パワースポットはなぜ流行る?
   ――聖地巡礼とスピリチュアリティ
 26 猫はなぜ化けるのか?
   ――妖怪の多様性と変遷
 27 花見はいつから始まったのか?
   ――花を愛でる心と季節感
 28 盆と彼岸をまつるご先祖様は誰か?
   ――祖先祭祀の変容
 [次の扉を開くための読書案内] 

第8章 くらしと信仰 
 29 丙午って何?――誕生と俗信
 30 「月遅れ」って何?――暦と行事
 31 正月に一斉に歳を取るって本当?
   ――年齢の民俗
 32 なぜお守りを持っているのか?
   ――祈願とまじない
 [次の扉を開くための読書案内]

第9章 ウチとソト
 33 押すべきか? 引くべきか?
   ――引き戸からドアへ
 34 縁側って何?――あいまいと両義
 35 地蔵や道祖神はどこに立っているのか?
   ――境界と神仏
 36 なぜ「ウチの会社では」というのか?
   ――ウチの意識・ソトの意識
 [次の扉を開くための読書案内]

第10章 日本文化の多様性
 37 正月の雑煮に入れる餅は丸か四角か?
   ――列島の地域性
 38 ゴーヤーチャンプルーは沖縄料理か?
   ――沖縄文化の柔軟性と多様性
 39 なぜ日本人はラーメンやキムチが好きなのか?
   ――食文化の近代
 40 「県民性談義」はなぜ盛り上がるのか?
   ――地域差と地域性
 [次の扉を開くための読書案内]

民俗学が読み解く現代

参考文献
あとがき 
図版・図表出典一覧
索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620