• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

毛利元就 武威天下無双、下民憐愍の文徳は未だ

毛利元就

たえざる制度の創出と変革。「為政者」元就の思考の深奥へ

著者 岸田裕之
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2014年11月10日
ISBN 9784623072248
判型・ページ数 4-6・472ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

毛利元就(1497~1571)戦国大名。
安芸の国衆から一代にして中国地方を一手におさめる大名へと毛利家を導いた毛利元就。激動の時代にあって元就はどのように領域を拡大し、広大な領国を掌握するに至ったのか。「法制」、「経済」、「意識」の側面から毛利元就勇躍の秘密に迫る。

[ここがポイント]
◎ 豊富な史料文書を駆使した毛利氏研究の泰斗による本格評伝。
◎ 毛利元就による巨大領国創出の過程を「法制」、「経済」、「意識」の側面から描き出す。

はじめに
序 章 境目地域の領主連合
  「中国」の成立
  安芸国人一揆と山陽道筋の動向
  毛利氏の惣庶関係と書違
  大内義興の上洛と安芸国衆一揆
  志道広良と元就の盟約

 第Ⅰ部 家中支配から領国統治へ
第一章 高橋氏の討滅と大宰府下向
  元就の家督相続
  高橋氏を討滅
  高橋氏旧領と近辺の領主
  毛利氏家中の成立
  元就の大宰府下向

第二章 郡山合戦と隆元への家督譲与
  毛利氏弓箭方の再興と隆元への家督譲与
  隆元の「山口かゝり」と武家故実書
  元就と志道広良による隆元教育
  策雲玄龍の元就評

第三章 井上元兼の誅伐と領国「国家」の成立
  井上元兼の誅伐と上意成敗権の成立
  一門・譜代重臣の怠慢と贔屓
  家中法制の整備
  毛利氏「国家」の成立と隆元の胸念
  赤川元保の誅伐

第四章 陶隆房の挙兵と元就直轄領佐東
  陶隆房に与同した元就
  元就、陶氏と断交
  陶氏関係文書、その保管は
  隠居分佐東は吉田譜代家臣への抑え

第五章 家中法と領国法
  元就直轄領の法から領国法へ
  防長両国への侵攻と軍勢狼藉
  軍勢狼藉禁令にみる国家の仕組み
  被官の逃亡と人返法
  惣国検地の帳付地に百姓を緊縛

第六章 三子教訓状と張良兵書
  三子教訓状と隆元宛の添状
  張良と「張良か一巻の書」
  張良兵書にまさる三子の結束

第七章 領国統治と法制度
  防長両国の平定と牢人米
  西からの大内輝弘、東からの尼子勝久
  「真実の御法度」

 第Ⅱ部 商人的領主と領国経済
第一章 安芸国佐東の堀立直正
  堀立直正、赤間関の鍋城を攻略
  堀立直正軍忠状
  堀立直正の商人領主的性格
  元就と堀立直正
  廿日市の糸賀氏と大野村の中丸氏

第二章 赤間関問丸役の佐甲氏
  毛利氏の侵攻と関町の動き
  問丸役佐甲氏と能島村上氏
  能島村上氏、海洋領主に紋幕を下付

第三章 雲州商人司石橋氏と杵築相物親方職の坪内氏
  神戸川沿いの石橋氏
  坪内氏の性格と動向
  両国造の裁許権と杵築町の衆中
  室の権益と師檀関係
  郷村の故実と夫役の増徴策

第四章 出雲国由来村の森氏
  進軍基地としてのかす坂峠の宿
  佐波氏兵粮米の調達と要害への搬入
  森氏の所領分布にみる幹線路における経済活動

第五章 硝石の輸入外交と西国大名の自立性
  鉄砲放の中間衆と硝石
  朝鮮・琉球と大内氏
  大内氏の貿易印と毛利氏
  京都の権威と資源・物流

第六章 能島村上氏の海上支配権の構造と秀吉政権
陸の大名との等距離外交  通行料徴収地としての札浦  秀吉の海関撤廃政策  「賊船」行為の実態と秀吉政権との交渉  「海賊」の停止と外国産糸の先買権

 第Ⅲ部 元就の意識と統治秩序
第一章 「書違」のことばとその変化
  書違のことば
  「奉公」から「申談」へ
  益田藤兼父子、吉田へ出頭
  益田氏の海洋領主的性格
  輝元は「屋形様」

第二章 屋形様の「国家」から「天下」のもとの「国家」へ
  大内氏下の厳島社と元就の援助
  厳島大明神への祈願とお礼
  天下の命令は国家の一大事
  「君臣の道」意識と徳川氏への姿勢

第三章 毛利氏が用いた文書様式と主従関係
  内々の約束としての捻文
  引き継がれる捻文と一行
  湯浅氏の愁訴と政権枢要
  輝元、岡元良の腹立を自筆書状で宥める
  惣国検地により捻文は反古となる

第四章 元就と隆元
  元就の蟄居問題と撤回後の仕組み
  先ず内談
  助言
  実権を握る元就の人躰教育
  隆元の行動指針と『太平記』
  隆元の死

第五章 元就と輝元
  元就の蟄居と福原貞俊
  元春・隆景、毛利氏の運営に参画
  口羽通良を加え、「御四人」制へ

終 章 元就が遺したもの
  家中の驕奢と曲直瀬道三の建言
  毛利氏掟と万治の制法
  公的誓約と那智瀧宝印
  萩藩政初期の那智瀧宝印
  輝元の死と子女への訓誨
参考文献
おわりに
毛利元就年譜
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620