• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

農業問題の基層とはなにか いのちと文化としての農業

農業問題の基層とはなにか

研究者、実務家、ジャーナリスト……多彩な執筆陣による理論と実践をふまえたユニークな提言。

著者 末原 達郎
佐藤洋一郎
岡本 信一
山田 優
ジャンル 社会
シリーズ 社会 > シリーズ・いま日本の「農」を問う 1
出版年月日 2014年12月10日
ISBN 9784623072170
判型・ページ数 4-6・312ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

いま、日本の農業を取り巻く問題とはいかなるものか。
本書は、研究者、実務家、ジャーナリストという多彩な執筆陣がユニークな視座に立ち、理論と実践の両面から解説するとともに、世界の多様な事例に照らし、農業の過去・現在・未来を考える。

[ここがポイント]
◎一般読者向けに、現代農業の基本問題を考える上でおさえておくべき視点を、わかりやすく、しかも表面的な解説に終わらず、深く解説する。

刊行にあたって

第1章 文化としての農業を考える(末原達郎)
    ——社会の大転換期に
 1 食から社会を考える
 2 農耕の誕生
 3 日本農業の重要性
 4 工業社会における農業の変質
 5 農業をめぐるさまざまな視点
 6 21世紀の生活をデザインする

第2章 農業とはそもそも何であったのか(佐藤洋一郎)
    ——アグロフォレストリ、焼畑、水田漁撈が語るもの
 1 「遅れた農業」への再評価
 2 農耕を支えた森林——アグロフォレストリの考え方
 3 焼畑農業を考える
 4 米と魚——共存と循環
 5 農業における「循環」の意味

第3章 日本農業の地平線はどこへ(岡本信一)
    ——農業への基本的誤解を解く
 1 大変化期の農業をコンサルタントとして見る
 2 私の農業へのきっかけ
 3 農産物の「安全・安心・おいしい」を検証する
 4 日本農業の未来

第4章 日本農業の未来を世界から考える(山田 優)
    ——ジャーナリズムからの報告
 1 ニューヨークとキエフで見たもの
 2 食料高騰と政治
 3 進む地産地消

索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620