• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

遺伝子組換えは農業に何をもたらすか 世界の穀物流通と安全性

遺伝子組換えは農業に何をもたらすか

トウモロコシ・小麦・大豆の現在とは。遺伝子組換え技術をめぐり安全性の問題から輸入や普及の現状まで、実証的に考える。

著者 椎名 隆
石崎 陽子
内田 健
茅野 信行
シリーズ 社会 > シリーズ・いま日本の「農」を問う 5
出版年月日 2015年03月31日
ISBN 9784623073030
判型・ページ数 4-6・352ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

遺伝子組換え作物は安全か、環境への負荷は問題ないのか――。遺伝子組換え技術をめぐり様々な議論がなされるなか、本書では安全性の問題をはじめ、どのような可能性と課題があり、どれだけの作物が日本に輸入され普及しているのか、研究者、企業担当者がともにデータを駆使し実証的に考察する。

[ここがポイント]
◎ 研究者および企業担当者が独自の視点から、遺伝子組換え技術をめぐる利点と問題点を、具体的に解き明かす。
◎ 全3章とも書き下ろし。

刊行にあたって

第1章 遺伝子組換え農業の可能性と課題(椎名 隆・石崎陽子)
    ——研究者からのメッセージ
 1 バイオテクノロジーの講義
 2 遺伝子組換え農業の現状
 3 遺伝子組換え作物の詳細
 4 遺伝子組換え作物の安全性
 5 遺伝子組換え食品の安全性評価と表示問題
 6 「緑の革命」と地球環境
 7 遺伝子組換え植物の作製法

第2章 遺伝子組換え作物をどう理解するか(内田 健)
    ——企業からのメッセージ
 1 遺伝子組換え作物の普及と利用状況
 2 GM技術とは
 3 GM作物の安全性評価
 4 商品化されたGM作物とそのメリット
 5 GM技術への期待とその可能性
 6 日本におけるGM作物の可能性
 7 よくある質問・疑問
 8 GM作物への正しい認識を

第3章 流通とマーケティングを支える穀物メジャー(茅野信行)
    ——国際流通からのメッセージ
 1 「穀物メジャー」とはなにか
 2 穀物事業の本質
 3 穀物価格の調整メカニズム
 4 穀物市場に起こった長期的、構造的変化
 5 ロシアと中国の存在感
 6 国際穀物市場におけるアメリカの地位

索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620