• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

驚くべき乳幼児の心の世界 「二人称的アプローチ」から見えてくること

驚くべき乳幼児の心の世界

これは、乳幼児研究の革命であり、心理学という学問への挑戦である!

著者 ヴァスデヴィ・レディ
佐伯 胖
ジャンル 心理 > 発達心理
保育
出版年月日 2015年04月01日
ISBN 9784623071739
判型・ページ数 A5・378ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

乳幼児はどのように人の心を理解するのか?――この謎を解く鍵として本書が提起しているのが「二人称的アプローチ(second-person approach)」である。そこから、乳幼児が生後数か月で、すでに他者の多様な心がわかっており、それらにきわめて「人間的な」応答をしているという、従来の心理学研究では描かれてこなかった驚くべき心の世界が浮かびあがってくる。(原書:Reddy, V. 2008 How Infants Know Minds. Harvard University Press. )

 

[ここがポイント]
◎ 「二人称的アプローチ」という、人の心の世界に迫る新たなアプローチを提言。
◎ 従来の乳幼児の他者理解についての研究が見落としてきた、赤ちゃんの深い人間理解に根ざした、「ひとの心」の理解とかかわりを、あますところなく次々と明らかにする。

謝辞/日本語版の刊行に寄せて/凡例

Chapter 1 ひとつの謎
 1 マルハナバチ、マグロ、そして赤ちゃん:似たような問題?
 2 それって、問題なのか?

Chapter 2 ギャップに注意 
 1 (不可能な)ギャップ
 2 ギャップの問題
 3 (いわゆる)ギャップを越えて

Chapter 3 かかわる心:二人称的アプローチ
 1 二人称的アプローチ
 2 かかわりのなかで他者を知覚するということ
 3 二人称的かかわりの構成的役割
 4 二人称的方法論って?
 5 赤ちゃん、人への二人称的アプローチ、そして本書のこれから

Chapter 4 出合いをつくる:模倣
 1 見知らぬ人との心理的出合いづくり
 2 模倣と新生児
 3 逆説的なわざとしての模倣
 4 新生児模倣は反射行動か?
 5 新生児模倣とギャップ
 6 なぜ、新生児は模倣するのか?

Chapter 5 会話をはじめる
 1 対話とは何か?
 2 対話とコミュニケーションの構造的な特徴
 3 対話とコミュニケーションの機能的な特徴:開放性と承認
 4 伝えようとする意図:相互性に向けて
 5 コミュニケーションのパラドックス
 6 まとめ

Chapter 6 注目を経験する
 1 赤ちゃんはいつ、他者の注目に気づくのか:対立する議論
 2 注目することは必ず対象とのかかわりを含む
 3 注目の気づきはその対象の気づきと結びついている
 4 知覚可能な注目対象となる“条件特性”
 5 他者の注目対象としての自己:応答し、注目を方向づけるもの
 6 身体の部位、および「対象」としての行為
 7 注目の他の「対象」:他人、手にとったもの、出来事
 8 もう一つの発達モデル:二人称的物語
 9 まとめ

Chapter 7 自己意識を感じる
 1 自己とは何であり、誰であり、どういうときのことか
 2 自己意識される情感:自己が他者に見えることについての情動
 3 標準的な発達の連鎖:自己概念が自己意識の情動につながる
 4 自己が見えることから引っ込むこと:はにかみ、照れ隠し、戸惑い
 5 自己を見せることを強調する:見せびらかし
 6 自閉症における自己を見せることを弱めることと強めること
 7 自己意識の情動理論への示唆:もう一つの物語
 8 まとめと結論

Chapter 8 意図をもてあそぶ
 1 意図についてどのように考えるべきか?
 2 知覚可能性
 3 意図は文脈を必要とする
 4 意図はかかわり得ることをともにする
 5 赤ちゃんは他の人々の意図をどう扱うか
 6 意図への気づきはいかに発達するか?
 7 おわりに

Chapter 9 おかしみの共有
 1 おかしみって、どういうこと?
 2 ユーモアの発生に関する2つの認知‐発達的な見方
 3 笑いの特質と意味
 4 赤ちゃんは何に対して笑うか?:乳児の笑いの異なる種類と文脈
 5 他者の笑いへの感受性
 6 ユーモアにおける距離と非・かかわり
 7 おわりに

Chapter 10 コミュニケーションでだます
 1 ウソのコミュニケーション、信念の理解、そして真実のコミュニケーション
 2 初期のウソは疑似‐欺瞞か
 3 隠し立て、だまし、気そらし、そして、ふりをすること:さらに早期の非言語的だまし
 4 なぜ、だますことは発達するのか

Chapter 11 他の心、他の文化

原書注/訳者解説/訳者あとがき/人名索引/事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620