• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

ごみと日本人 衛生・勤倹・リサイクルからみる近代史

ごみと日本人

ごみ処理の歩みから、日本の知られざる一面が見えてくる。 開国から敗戦に至る近代史を、歴史の裏通りから読み解く。

著者 稲村 光郎
ジャンル 日本史
社会 > 環境
出版年月日 2015年06月15日
ISBN 9784623073764
判型・ページ数 4-6・338ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

ごみ問題の誕生は、日本の近代化・産業発展と表裏一体の関係にある。本書は、この問題を通じて日本近代史を読み解くものである。開国で江戸の街はどう変わったか? 松方デフレがごみ問題に与えた影響とは? 与謝野晶子はなぜ廃物利用を批判したのか? 東條英機がごみを視察した理由とは? ごみにまつわる詳細なデータと象徴的なエピソードで、幕末から敗戦に至る日本の歩みを描き出した意欲作、ついに刊行。

 

[ここがポイント]
◎ 日本の近代化の裏側で、ごみ問題がどうなっていたか、独自の視点から描き出す。
◎ 森鴎外、与謝野晶子、東條英機など、近代史を彩る人物と、ごみの意外な接点が面白い。

はじめに

第一章 ごみ収益の奪い合い——開港と混迷の時代
 1 海を渡ったボロ
 2 屑物も輸出
 3 東京のごみ問題
 4 リサイクルは貧困を救ったか
 コラム1 カラスが東京をきれいにした?

第二章 衛生へのめざめ——コレラ禍と松方デフレ
 1 コレラ禍が生んだ衛生
 2 松方デフレとごみ問題
 3 ごみ処理を規制化
 4 残飯屋が繁盛
 コラム2 皇居火災とスクラップ価格
 コラム3 明治の「とっかえべえ」

第三章 たくましき明治の企業家たち——リサイクル業の盛衰
 1 製紙産業のリサイクル
 2 新興産業のリサイクル
 3 江戸リサイクルの地盤沈下
 コラム4 古着と衛生
 コラム5 浅草紙

第四章 ごみが「廃棄物」になった日——汚物掃除法とその後
 1 「汚物掃除法」の制定
 2 ごみ収集が市の責任に
 3 ごみ肥料化の終わり
 コラム6 「ごみ」は、腐るもの、燃えるもの

第五章 与謝野晶子、廃物利用ブームを叱る——「勤倹」と女子教育
 1 「廃物利用」は、金けの早道
 2 漫画誌『東京パック』にみる廃物利用観
 3 ブームの内情
 4 「戊申詔書」と廃物利用
 5 与謝野晶子の「廃物利用」批判
 6 「倹約」は屑の価格次第
 コラム7 バイオガスの利用

第六章 成金景気、リサイクルが多様化——第一次世界大戦の余波
 1 成金景気と古物商の隆盛
 2 『国勢調査職業名鑑』にみる多彩なリサイクル
 3 工業化の進行とリサイクルの発展
 4 リサイクル産業の盛衰

第七章 ごみとはいえぬが廃棄物?——震災ガレキ、公害、屎尿
 1 関東大震災のガレキ利用
 2 工場廃棄物による公害、そして副産物化
 3 都市にあふれる屎尿
 コラム8 ごみ焼却の熱回収

第八章 新しい「廃品回収」参入者——そして昭和戦時下へ
 1 廃品回収へ素人が参入
 2 市川房枝と国防婦人会
 3 戦時回収がはじまる
 4 隣組の組織化と金買上げ運動
 5 鉄屑の回収と統制経済のはじまり
 コラム9 ごみは文化の尺度
 コラム10 戦時回収余話① 貴金属とダイヤの回収

第九章 「決戦だ、残らず出そう鉄と銅」——戦局の悪化と銃後の苦闘
 1 「廃品回収」から「特別回収」へ
 2 太平洋戦争開戦と一般家庭からの特別回収
 3 「企業整備」という名の金属回収
 4 銅像や梵鐘も「召集」
 5 「非常回収」と「決戦回収」
 コラム11 戦時回収余話② 椎名悦三郎の資源回収論
 コラム12 戦時回収余話③ アメリカの戦時資源回収
 コラム13 戦時回収余話④ 回収理由も変わった
 コラム14 戦時回収余話⑤ 戦火の下での回収

第一〇章 衛生処理の敗戦——焼跡にごみと屎尿が捨てられて
 1 ごみと戦う隣組
 2 東京市の生ごみ飼料化・コンポスト化
 3 飼料化・コンポスト化の全国的な広がり
 4 屎尿も自家処理へ
 5 破局、そして再建へ
 コラム15 ごみ箱の内容チェック
 コラム16 食品むだなし運動

おわりに
年 譜
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620