• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

若者の戦後史 軍国少年からロスジェネまで

若者の戦後史

まなざしの過剰から承認の欠如へ。日本社会、若者が歩んだ戦後の社会史を読み直す。

著者 片瀬 一男
ジャンル 日本史
教育
社会
シリーズ 社会 > 叢書・現代社会学 7
出版年月日 2015年09月30日
ISBN 9784623072910
判型・ページ数 4-6・376ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

本書は、戦前・戦後の混乱期から今日に至る若者をめぐる言説を、「社会階層と社会移動全国調査(SSM調査)」のデー
タをもとに検証する。時代状況に左右されながら、様々に語られ続けてきた若者たち。今日の新自由主義的な「自己責任論」にたどりつくまでの若者言説を計量歴史社会学の手法で再検討する。「軍国少年」の時代から「ロスジェネ」まで、若者の歩んだ軌跡を描き出す。

 

[ここがポイント]
◎ 若者を巡る言説について、統計データを用いながら緻密に検証し、実態を描いている。
◎ コラムが充実しており、それぞれの「時代の空気」を感じ取ることができる。

はじめに――若者の戦後史・前史

序 章 若者をめぐる言説と研究の変遷
 1 階層社会のなかの若者
 2 存在の承認としてのアイデンティティ
 3 1970年代――若者論の端緒
 4 1980年代――消費・情報社会のなかの若者論
 5 1990年代以降――ポストバブル期の若者論
 6 本書の特色と構成

 第Ⅰ部 戦前・戦後から高度経済成長の終焉へ
第1章 軍国少年たちの戦前・戦後
 1 「軍国少年」というアスピレーション
 2 奉公・献身の恣意的解釈
   ――軍国少年の「立身出世主義」
 3 職業軍人アスピレーションの盛衰
   ――軍国少年たちの戦前
 4 職業軍人志望者の教育アスピレーションと教育達成・職業達成
 5 職業軍人志望者の社会意識
 6 昭和日本とともに歩んだ世代のライフコース
 コラム 教育機関としての軍隊
 
第2章 集団就職者の高度経済成長
 1 高度経済成長と集団就職の始まり
 2 高度経済成長期における新規学卒労働市場
 3 若年労働力移動の制度化
 4 集団就職世代の職業と職歴
 5 集団就職世代の社会意識
 6 集団就職世代のライフコース
 7 高度経済成長と若者
 コラム 東京オリンピックと出稼ぎの悲劇

第3章 モラトリアム人間の就職事情
 1 大衆教育社会における「モラトリアムな季節」
 2 戦後における高学歴化と学歴インフレの進行
 3 語られ始めた「青年問題」
 4 「モラトリアム人間の時代」の実相
 5 「モラトリアム人間論」の検証
 6 語られ続けた「若者」
 コラム 政治の季節が終わった後で

 第Ⅱ部 新人類の時代から「失われた20年」へ
第4章 新人類の情報格差デジタルデバイド
 1 「新人類」登場
 2 「新人類」から「おたく(オタク)」へ――情報化の光と影
 3 情報新人類の再検証
 4 情報コンシャス層と非コンシャス層
 5 オルトエリートとしての情報新人類?
 6 情報社会における市民的公共圏の可能性
 コラム 情報新人類の前衛と末裔
 
第5章 もう一つのロスジェネ
 1 愛と労働とアイデンティティ
 2 若年労働者の二極化――現代の「アリとキリギリス」
 3 若年労働者の労働時間
 4 若者に時間と象徴文化を
 コラム 「すんきゃーヤバい」ロスジェネ
 
第6章 若者文化の行方
 1 変容する戦後
 2 「絶望の国の幸福な若者」をめぐる二つの仮説
 3 若者文化の再構築へ
 
文献案内/おわりに/引用文献/人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620