• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

犯罪統制と空間の社会学 ゼロ年代日本における犯罪・都市政策

犯罪統制と空間の社会学

2000年代日本の犯罪政策推進の過程を追い、リスク管理と権力の関係性を探る。

著者 山本 奈生
ジャンル 社会
シリーズ 社会 > MINERVA 社会学叢書 50
出版年月日 2015年07月10日
ISBN 9784623073382
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

小泉・第一次安倍内閣政権下で行われた国政的プロジェクト「安全で安心なまちづくり」にみられる諸々の犯罪政策/施策に対して社会学的言及をおこなうことで、2000年代日本の国家と社会、空間と権力の配置を描き出す。地域社会での「防犯活動」は、何を警戒対象としてきたのか、私たちの社会はそうした「内なる脅威」をどのようにして産出してきたのか、行政文書やフィールドワーク調査をもとに明らかにする。

 

[ここがポイント]
◎ 日本の犯罪政策/施策に対する社会学的言及を通して国家と社会、空間と権力の配置を描き出す。
◎ 「割れ窓理論」に代表される「環境犯罪学」や「自主防犯活動」「犯罪対策閣僚会議」と、「都市プロジェクト」の関係性について考察。

序 言
 1 本書の対象と企図
 2 理論/思想的視座
 3 本書の構成、および用語法

第1章 国家・社会・犯罪統制
 1 国家と犯罪統制
 2 「犯罪的なもの」と安全
 3 ゼロ年代日本における犯罪政策の特質
 4 本書の問題関心と理論的含意

第2章 配慮の空間
 1 はじめに
 2 環境犯罪学と割れ窓理論
 3 「割れ窓理論」とコミュニタリアニズム
 4 「割れ窓理論」への批判
 5 結 語

第3章 国政的水準における犯罪政策
 1 はじめに
 2 「犯罪対策閣僚会議」の基本的視点
 3 「犯罪対策閣僚会議」の具体的方針
 4 社会の境界線

第4章 国政的から地方政治の舞台へ——都市空間と犯罪統制
 1 空間と政治
 2 犯罪政策と都市政策の混淆
 3 地方政治における犯罪統制
 4 「安全・安心なまちづくり」の論理

第5章 自主防犯団体と街区の創出
 1 はじめに
 2 自主防犯団体活動の沿革
 3 具体的事例の沿革
 4 京都市における事例
 5 出来事の整理と結語

第6章 空間と権力
 1 状況の整理
 2 コミュニティの権力構造
 3 都市、そして空間の生産
 4 空間・文化・政治
 5 空間を異化し、理念を対置させる

あとがき
索  引
参考文献
資  料
 1 犯罪対策閣僚会議(2003)「犯罪に強い社会の実現のための行動計画
   ——「世界一安全な国、日本」の復活を目指して」序文
 2 京都創生懇談会(2003)「国家戦略としての京都創生の提言」
 3 犯罪対策閣僚会議(2005)「安全・安心なまちづくり全国展開プラン」序文より
 4 都市再生本部(2005)「都市再生プロジェクト(第九次決定)」
  (平成十七年六月二十八日、犯罪対策閣僚会議と都市再生本部合同会議、配布資料1—5より)
 5 犯罪対策閣僚会議(2008)「犯罪に強い社会の実現のための行動計画2008」序文

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620