• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

永井尚志 皇国のため徳川家のため

永井尚志

龍馬とは「ヒタ同心」、変革と共鳴した異色の幕臣。

著者 高村 直助
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2015年09月10日
ISBN 9784623074235
判型・ページ数 4-6・364ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

永井尚志(1816~1891)江戸時代末期の旗本。

幕末の激動する情勢のさなか抜擢され、長崎海軍伝習所を創設、積極的開国派として通商条約締結に奔走したのち、大政奉還実現の立役者となった永井尚志。頭脳明晰、酒と風雅を愛し、幾度もの処分を受けながらも時局の最前線に立ち続けた、異色の幕臣の生涯に迫る。

 

[ここがポイント]
◎ 開国から明治維新への激動のさなか、幕府側のキーパーソンとして歴史の転換点に立ち会った永井尚志初の本格評伝。
◎ 条約締結、将軍継嗣、大政奉還、王政復古クーデタ……幾多の難局で最前線を担った永井の足跡を丹念に追い、薩長史観とは異なる「幕臣から見た幕末史」を浮かび上がらせる。

はしがき

第一章 嵐を前に抜擢
 1 目付抜擢と対外論上申
 2 大名の子が旗本の養子に
 3 遅咲きの俊才
 4 目付兼海防掛

第二章 長崎での開眼
 1 長崎表取締御用目付
 2 英・蘭との折衝
 3 通商決断の提言

第三章 海軍創設の先頭に
 1 海軍伝習準備
 2 長崎海軍伝習所開設
 3 造船所建設準備
 4 観光丸で帰府
 5 築地軍艦操練所開設

第四章 条約・将軍継嗣問題で奮闘
 1 ハリス出府前後
 2 将軍継嗣問題
 3 思いもよらぬ井伊の登場
 4 諸通商条約交渉
 5 井伊政権下の外国奉行
 6 左遷のうえ厳罰処分

第五章 雌伏三年、政争の京都へ
 1 閉居の時
 2 一橋派復活、尚志復帰
 3 京都町奉行に
 4 攘夷の嵐
 5 政局動揺のなか、大目付に

第六章 対長州の最前線で
 1 禁門の変後
 2 長州藩詰問使
 3 長州問題と条約勅許問題
 4 またも広島へ
 5 長州処分をめぐる紛糾
 6 幕長戦争

第七章 大政奉還に奔走
 1 将軍慶喜のもとで
 2 孤立する慶喜
 3 薩土盟約
 4 大政奉還へ始動
 5 奉還勅許

第八章 対決と妥協のはざまで
 1 またも政情混沌
 2 王政復古クーデタ
 3 京都と大坂の対峙
 4 鳥羽伏見の戦い

第九章 意地の蝦夷地
 1 敢えて反旗を
 2 箱館奉行
 3 箱館戦争
 4 在獄の二年半

第十章 短い出仕、長い晩年
 1 四年間の官員時代
 2 長い清貧の余生
 3 岩瀬三十回忌を終えて

主要参考文献
あとがき
永井尚志年譜
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620