• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

フィランソロピーのニューフロンティア 社会的インパクト投資の新たな手法と課題

フィランソロピーのニューフロンティア

現在、欧米で試みられているフィランソロピーや社会的投資の新たな手法を紹介した一冊。

著者 L・M・サラモン
小林 立明
ジャンル 政治・法律
経済 > 社会政策
出版年月日 2016年02月20日
ISBN 9784623074457
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

本書は、L.Salamon, Leverage for Good: An Introduction to the New Frontiers of Philan-thropy and Social Investment (Oxford Univer-sity Press, 2014)の翻訳であり、現在、欧米で試みられているフィランソロピーや新たなソーシャルファイナンスの手法を包括的に分析し、その概要と課題を紹介したものである。本書が提示する新たなパラダイムは、日本が抱える様々な問題を解決する上で、大きな役割を果たすと考えられる。 [ここがポイント] ◎ 福祉国家に代わる新たな社会モデルを提言。

日本語版への序文――未来に向けて フィランソロピーのニューフロンティアは日本でも花開くか?

緒言/謝辞

第1章 フィランソロピーのニューフロンティア革命と社会的インパクト投資
 1 本書の目的と戦略
 2 専門用語についての注釈

第2章 フィランソロピーのニューフロンティア探索Ⅰ――新たなアクター
 1 社会的インパクト投資機関
 2 社会的インパクト投資支援機関
 3 新たなタイプの助成団体
 4 豊穣の亜大陸――要約

第3章 フィランソロピーのニューフロンティア探索Ⅱ――新たなツール
 1 社会的インパクト投資ツール
 2 他の新たなツール
 3 結  論

第4章 なぜ今なのか
 1 新たなソーシャル・キャピタル市場の需要面
 2 供給要因
 3 要  約

第5章 残された障壁
 1 五つの障壁
 2 伝統的市場のリスク・リターン比率?
 3 政府の代替?
 4 伝統的フィランソロピーとの決別?

第6章 解決に向けた処方箋――前進に向けて
 1 六つの処方箋
 2 結  論

付  録
 A 「フィランソロピーのニューフロンティア」プロジェクト諮問委員会
 B 姉妹図書紹介

注/用語解説/参考文献/訳者解題/訳者あとがき/索引

コラム
 1 カルバート財団――多様な役割を担う社会的インパクト投資団体
 2 投資資本対事業収入
 3 アキュメン・ファンドの設立理念――世界の貧困への取り組み手法を変革する
 4 エドナ・マコーネル・クラーク財団――我々の手法
 5 欧州ベンチャー・フィランソロピー協会の七つの主要特質
 6 アービシュカール・インターナショナル
 7 準株式
 8 潜在的な社会的投資受入団体が抱える主要な知識ギャップ

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620