• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

海洋アジアvs.大陸アジア 日本の国家戦略を考える

海洋アジアvs.大陸アジア

アメリカを中心とする海洋同盟と中国を中心とする大陸連携、その大きなうねりのなかで、日本が進むべき道とは何か。

著者 白石 隆
ジャンル 政治・法律
シリーズ 哲学・思想 > セミナー・知を究める 1
出版年月日 2016年02月10日
ISBN 9784623075713
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

経済規模がG7を上回り、アジアが世界の中心となりつつある今、アメリカは、アジア回帰へと舵を切った。巨大国家・中国を中心とする大陸連携の動きのなかで、現在の「力の均衡」を担保しつつ、通商・安全保障の新秩序を創ることはできるのか。アジアの地政学的な状況把握から、東南アジア・ASEAN諸国の現状を詳細に分析し、戦後70年を経た日本の国家戦略を探る。

 

[ここがポイント]
◎ これを読めば今のニュースの見方・見え方が変わる。
◎ 戦後70年を迎えた今、海洋アジア対大陸アジアの図式のなかで日本の国家戦略を探る。

序 章 なにが問題なのか

第1章 長期の趨勢を読み解く
 1 新興国の台頭とグローバル・ガバナンスの変容
 2 中国の台頭と東アジア/アジア太平洋の地域秩序
 3 グローバル化・都市化・期待の革命

第2章 地政学的枠組みを捉える
 1 アメリカのアジア太平洋政策
 2 中国の台頭とその政策
 3 中国の台頭とその行動
 4 中国の台頭と南シナ海・大陸部東南アジア
 5 「一帯一路」と「天下」の秩序
 6 東アジア国際関係の変容

第3章 東南アジアの戦略的動向
 1 民族・宗教的多様性
 2 経済格差
 3 中小国の集合地域
 4 タ イ
 5 ミャンマー
 6 ベトナム
 7 インドネシア
 8 マレーシア
 9 フィリピン

第4章 アジア太平洋/東アジア/インド・太平洋と日本
 1 日本を取り巻く現状
 2 比較史的検討

引用文献
あとがき
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620