• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

現代社会理論の変貌 せめぎ合う公共圏

現代社会理論の変貌

社会総体を「統合・和解と対立・抗争との緊張関係」で捉え、混迷する社会問題に公共圏から回答する試み

著者 日暮 雅夫 編著
尾場瀬一郎 編著
市井 吉興 編著
ジャンル 政治・法律
社会
出版年月日 2016年01月25日
ISBN 9784623075041
判型・ページ数 A5・210ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

本書は、多様な切り口から構成されている。その領域は、哲学や社会思想、経済学、社会学、そして音楽やスポーツ、宗教などから、社会総体を「統合・和解と対立・抗争との緊張関係」で捉える。また、混迷の度を深めている現代社会・政治の諸問題や沸騰する社会問題に対して回答する試みである。立命館大学産業社会学部創設50周年記念学術叢書の一冊。

 

◎ 混迷する社会問題に公共圏からの回答を試みる。
◎ 社会総体を「統合・和解と対立・抗争との緊張関係」で捉える。

刊行にあたって

序 章 現代社会理論と公共圏
 1 公共圏の問題設定
 2 本書の構成

第1章 ホネット『自由の権利』における「社会的自由」の境位
    ――歴史における社会闘争の意義
 1 『自由の権利』における「規範的再構成」の方法と社会闘争の意味
 2 3つの自由モデルと「規範的再構成」
 3 社会的自由の3つの領域
 4 ホネット社会的自由論への評価
 5 ホネット社会的自由論の今後の展開可能性

第2章 政治的ヘゲモニーから知的・道徳的ヘゲモニーへ
    ――グラムシ『獄中ノート』におけるヘゲモニー論の諸相
 1 ヘゲモニー論へのプレリュード――政治的指導の契機と文化的指導の契機
 2 『獄中ノート』におけるヘゲモニー論の変容
   ――Q1§44A草稿への加筆修正問題をめぐって
 3 ヘゲモニー論の理論的意義・実践的意義
   ――有機的ヘゲモニーと自発的・能動的同意

第3章 「労働すること」と「仕事すること」
    ――「世界疎外」の時代に抗して
 1 「労働」と「仕事」の定義
 2 「労働」と「仕事」の曖昧化
 3 近代における「労働」観の反転と「世界疎外」の進行…
 4 「社会的なもの」の膨張と「増殖的な労働」
 5 「世界」の再構築にむけて
 6 労働・仕事・活動のバランスを取り戻すために

第4章 ディシプリンとしての経済学と制度アプローチの学際的可能性
    ――レギュラシオン学派の言説から
 1 学際的視点から見たその核心
 2 行為とその活動諸空間
 3 レギュラシオン学派をめぐる日本での受容と展開
 4 学際的対話とその方向性,将来性をめぐって

第5章 空間,文化,運動
    ――カルチュラル・スタディーズと空間の社会理論のために
 1 カルチュラル・スタディーズから空間の社会理論へ
 2 空間の社会理論
 3 都市と空間における文化,実践,運動
 4 カルチュラル・スタディーズと空間の社会理論のために

第6章 スポーツを「闘争のアリーナ」として読み解く
    ――エリアス・ブルデュー・ハーグリーヴズのスポーツ研究を導きに
 1 動き始めたオリンピック協力体制の構築
 2 エリアスと「スポーツ」――「興奮の探求」としてのスポーツ
 3 ブルデューと「スポーツ」――スポーツ界の成立とその「政治」への関心
 4 ハーグリーヴズと「スポーツ」――スポーツ実践の「主体」の捉え直し
 5 新たなスポーツを求めて――飽くなき「興奮の探求」

第7章 ポスト・セキュラー論で読む宗教判例
    ――ハーバーマスとテイラーの議論から――
 1 ハーバーマスとテイラー
 2 小泉首相の靖国神社参拝
 3 テイラー3原則の難点
 4 靖国神社国家護持運動における「翻訳」
 5 限界と可能性

第8章 アメリカ批判理論の最前線
    ――ナンシー・フレイザーへのインタヴュー
 1 アクティヴィストとしての出発点
 2 資本主義の総体的把握――マルクス読解
 3 ポスト・ウェストファリア的正義のフレーム――「代表」
 4 トランスナショナルな公共圏

あとがき
事項・人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620