• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

現代に生きる日本の農業思想 安藤昌益から新渡戸稲造まで

現代に生きる日本の農業思想

安藤昌益、二宮尊徳、内村鑑三、新渡戸稲造の思想と実践を今日的視点から読み直す。

著者 並松 信久
王 秀文
三浦 忠司
ジャンル 哲学・思想
社会
社会 > 環境
シリーズ 社会 > シリーズ・いま日本の「農」を問う 12
出版年月日 2016年01月30日
ISBN 9784623073108
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

昨今、日本の農業をめぐっては高齢化や過疎化にともなう農業の担い手不足や農業生産の減少をはじめ、さまざまな問題に直面している。このような日本農業の立て直しを考えるために、いま必要な思想とはなにか。本書は、安藤昌益、二宮尊徳、内村鑑三、新渡戸稲造の生涯をたどり、彼らが農村や農業にどのような影響を与えたかを検討するとともに、その思想が現代にもつ意義を考える。

 

[ここがポイント]
◎ 安藤昌益、二宮尊徳、内村鑑三、新渡戸稲造の思想形成を農業・農村との関係から具体的に検討。
◎ 日本、中国、それぞれ異なる視点から思想家たちの今日的意義を提示する。

刊行にあたって

第1章 グローバル化のなかの農業思想(並松信久)
    ——内村鑑三と新渡戸稲造
 1 グローバル化とは
 2 国家と農業観
 3 国際化と地方学

第2章 二宮尊徳思想の現代的意義(並松信久)
    ——幕末期の農村復興に学ぶ
 1 なぜ二宮尊徳か
 2 百姓の存在
 3 家の存続
 4 村の持続性
 5 土地をめぐる復興
 6 農業と自然
 7 現代農業への問いかけ

第3章 中国における尊徳研究の動向と可能性(王秀文)
    ——二宮尊徳思想学術大会の取り組みを中心に
 1 中国における尊徳研究の経緯
 2 研究の展開と意義
 3 今後の尊徳研究

第4章 安藤昌益の人と思想(三浦忠司)
    ——直耕・互性・自然
 1 甦る安藤昌益
 2 昌益思想誕生の八戸
 3 八戸の人々との交流
 4 社会変革思想の契機
 5 徹底した平等の主張
 6 八戸シンポジウム
 7 昌益の原点たる京都
 8 昌益が遺したもの

索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620