• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

「心の理論」から学ぶ発達の基礎 教育・保育・自閉症理解への道

「心の理論」から学ぶ発達の基礎

最先端の研究から「子どもの心の発達のしくみ」を紹介。保育・教育の現場で子どもたちを理解するための必読書

著者 子安 増生 編著
ジャンル 心理 > 発達心理
出版年月日 2016年03月05日
ISBN 9784623075379
判型・ページ数 A5・264ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次


子どもの心の発達のしくみを理解し、保育・教育の実践や自閉症理解を深めるために、 「心の理論」の最先端の研究から発達の基礎を捉えなおす。本書は、季刊『発達』135号の特集内容に最新の知見をくわえ、また新たな章を組み入れ再構成したもので、多角的・重層的に「心の理論」を捉え、子どもたちの多様な発達の姿をわかりやすく説明する。

 

[ここがポイント]
◎ 子どもの心の発達のしくみについて考え、保育・教育の場などで子どもを理解していくために、いままで蓄積された研究成果からみえてくる最新の知見を紹介
◎ 多角的、重層的に「心の理論」研究を理解できる一冊

まえがき

 Ⅰ 心の発達のしくみを理解するために
Ⅰ-1 いまなぜ「心の理論」を学ぶのか(子安増生)
 1 「心の理論」研究30年
 2 「心の理論」研究のメタ分析結果
 3 「心の理論」は教育可能か

Ⅰ-2 「心の理論」と表象理解──2〜4歳児はどんな心の世界に生きているか(加藤義信)
 1 はじめに
 2 誤信念課題に向き合う3〜4歳児と5歳児の態度の違い
 3 パーナーの心の表象理論
 4 多義図形課題を通してみた表象発達
 5 おわりに

Ⅰ-3 「心の理論」と実行機能──どのような認知機能が誤信念課題に必要か?(郷式 徹)
 1 誤信念課題に必要な認知機能──実行機能と3つの下位機能
 2 心の理論と実行機能の関連──発達時期と脳領域の重なり
 3 心の理論と実行機能の出会い
 4 社会的知能と実行機能

Ⅰ-4 ミラーシステムと「心の理論」──認知神経科学的アプローチ(嶋田総太郎)
 1 ミラーシステム
 2 心の理論の神経基盤
 3 ミラーシステムと「心の理論」領野

Ⅰ-5 「心の理論」の発達の文化差──日本・韓国・オーストラリアの比較から(東山 薫)
 1 誤信念課題の通過年齢における文化差
 2 個人主義vs.集団主義理論による文化差の説明
 3 言語環境による文化差の説明
 4 心の多面性の理解を測定する課題
 5 心の理論課題における文化差と言語環境
 6 心の理論における文化差の要因の検討

 Ⅱ 保育・教育の現場で子どもを理解するために
Ⅱ-1 乳児期の「心の理論」──赤ちゃんはどこまでわかっている?(千住 淳)
 1 赤ちゃんの他者理解
 2 誤信念課題と3歳の壁
 3 自発的な誤信念課題
 4 赤ちゃんはどのように誤信念課題を解いているのか

Ⅱ-2 幼児期の“心の理解”──心を理解するということが“問題”となるとき(木下孝司)
 1 通じ合うことの謎
 2 「心」をめぐるパラドクス
 3 子どもが「心」に気づくとき
 4 時間的に拡張された自己と心の理解
 5 今後の“心の理解”研究に期待されること

Ⅱ-3 児童期の「心の理論」──大人へとつながる時期の教育的視点をふまえて(林 創)
 1 二次の心の理論
 2 二次の心の理論に関連する社会性の発達
 3 一次の心の理論に関連する社会性の発達
 4 児童期の心の理論を育む教育をめざして

Ⅱ-4 「心の理論」と感情理解──子どものコミュニケーションを支える心の発達(溝川 藍)
 1 初期の感情理解──「心の理論」以前の発達
 2 心の理論の発達
 3 偽りの感情の理解
 4 感情理解と社会的関係

Ⅱ-5 「心の理論」と教示行為──子どもに教えるのではなく子どもが教える(赤木和重)
 1 「心の理論」との出会い
 2 「教える」行為に注目する理由
 3 1歳,3歳,5歳の教示行為
 4 これからの教示行為研究に向けて
 5 「奇跡」としての教示行為
 6 教示行為研究が提起する子ども理解

Ⅱ-6 「心の理論」と保育──保育のなかの子どもたちにみる心の理解(小川絢子)
 1 保育実践と「心の理論」研究をいかに結びつけるか
 2 1,2歳児にみられる人とのかかわり──意図や欲求の理解から
 3 幼児期後半の人とのかかわり──心の表象的理解から
 4 保育のなかの子ども理解からみた「心の理論」研究の課題

Ⅱ-7 「心の理論」の訓練──介入の有効性(S・レッチェ、F・ビアンコ/溝川 藍 訳)
 1 なぜ児童期に心の理論を訓練すべきなのか?
 2 既存の心の理論の訓練から得られる指針
 3 児童期中期の心の理論の促進──訓練プログラム
 4 児童期中期の心の理論の訓練──実証的証拠
 5 心的状態についてのグループでの会話による心の理論の促進

 Ⅲ 自閉症児を理解するために
Ⅲ-1 自閉症児の「心の理論」──マインド・ブラインドネス仮説とその後の展開(内藤美加)
 1 心の理論の障害仮説とその限界
 2 共同注意とそれに関連する障害
 3 脳科学からの説明

Ⅲ-2 自閉症スペクトラム指数(AQ)と「心の理論」(若林明雄)
 1 自閉症スペクトラム
 2 自閉症スペクトラムと基本的な因果認知
 3 「共感化─システム化」理論と「心の理論」
 4 自閉症スペクトラムの2次元的理解へ

Ⅲ-3 自閉症児と情動──情動調整の障害と発達(別府 哲)
 1 社会性の問題行動は「心の理論」の欠損で説明できるのか
 2 心を「わかる」ことと「調整」すること
 3 認知的な心,情動的な心
 4 情動的な心の調整

Ⅲ-4 自閉症と三項関係の発展型としての「心の理論」(熊谷高幸)
 1 「心の理論」と三項関係
 2 「サリーとアン」テストのなかの三項関係
 3 三項関係と非共有者への気づき
 4 「スマーティ」テストのなかの三項関係
 5 「カード分類テスト」のなかの三項関係
 6 カード分類テストの簡易版の適用

Ⅲ-5 自閉症児への心の読み取り指導(藤野 博)
 1 自閉症児は心の理論を獲得できるか?
 2 自閉症児への心の読み取り指導──介入研究の知見
 3 自閉症児への心の読み取り指導──実践事例
 4 自閉症児の心の読み取りと言語の役割
 5 自閉症児の心の読み取り──限界と可能性
 6 多様な心の理論と共生の視点

Ⅲ-6 自閉症児の善悪判断(米田英嗣)
 1 善悪の判断とは
 2 定型発達者の善悪判断
 3 自閉症者の善悪判断
 4 今後の展望

索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620