• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

観光教育への招待 社会科から地域人材育成まで

観光教育への招待

楽しみながら歴史、文化、実学を学ぶことができ、子どもの世界を広げる”感幸”への誘いのテキスト。

著者 寺本 潔 編著
澤 達大 編著
ジャンル テキスト > 教育 > 教育テキスト
テキスト > 社会 > 観光学
教育
社会 > 観光
出版年月日 2016年04月20日
ISBN 9784623076086
判型・ページ数 A5・220ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

なぜ、いま観光教育なのだろう? 観光の学びは、地域をポジティブに捉えるまなざしと観光客目線を子どもたちに意識させる。観光は農林水産、工業、交通等さまざまな業種に関係し、芸術文化や自然景観も扱うほど裾野が広い。観光関連の仕事に携わりたいと願う子どもは益々増えていくことだろう。本書は、優れた教師によって社会科や総合を軸に小中高校の各段階で観光の授業として実践された日本初の教育実践書である。教育方法(道具箱)やコラムにも工夫を凝らした。地域に眠る資源を見出す観光教育がいま、始動する。



 

[ここがポイント]
◎ 小中学校での実践事例をおもに紹介し、教育の中に観光を取り込んでいく方法を提示。
◎ 観光教育の全体像を示した、本邦初の本格テキスト。

プロローグ——いま,なぜ観光の教育が必要なのか
第1章 観光に備わる教育力
 1 旅育と観光ホスピタリティ教育
 2 「若者の海外旅行離れ」を止める公教育の役割
 3 英国のピクチャーブックに見る幼い頃からの観光の学び
 コラム1 戦後日本人の海外旅行史

第2章 観光の教育的価値と地域人材の育成
 1 社会科が担う地域人材育成の目標と内容
 2 社会科+総合で展開する観光の授業案
 3 持続可能な観光を支える地域人材の育成——国頭村を事例として
 コラム2 ワイルドライフ・ツーリズムと環境教育——自然や生物の保全に貢献するために果たす役割

第3章 小学校における観光教育の実践事例と教材開発
 1 社会科4年「わたしたちの県」を観光単元に組み替える
 2 観光立県・沖縄県の小学校社会科
 3 「観光地+行動」で観光プログラムを立案する社会科授業
 4 世界遺産「中城城」の価値に気づかせる授業
 コラム3 勝手に観光大使——アナザーゴールを活用した意欲向上

第4章 ESDの視点に立った世界遺産の教育実践
 1 ESDの視点と世界遺産の学び
 2 「観光」を視点に読み解く世界遺産「宮島」
 3 世界遺産「宮島」の単元構成
 4 世界遺産「宮島」の実践とその意義
 コラム4 温泉観光地の教材開発

第5章 中学校における観光教育の実践と教材開発
 1 中学校地理的分野を総括する観光教育
 2 中学校での修学旅行と観光教育
 3 農村体験の教育的効果
 4 “地域の魅力”を観光客に伝えるボランティアガイド——秋田県鹿角市立尾去沢中学校における取組み
 コラム5 京都修学旅行の魅力

第6章 高等学校における観光教育の実践と教材開発
 1 これまでの高等学校における観光教育
 2 法政大学女子高等学校「旅する人の観光学」の実践
 3 大学での学びにつなげるための観光教育
 4 高等学校普通科における観光教育の今後の展開
 コラム6 旅行商品の生まれ方

第7章 小中高校で推進する観光教育の道具箱
 1 旅するココロを養う地図帳活用術
 2 旅行商品パンフレットの教材活用術
 3 旅程作成支援の方法
 コラム7 社会科学習に観光ガイドブックを

エピローグ——学校からの観光・地域人材の育成
索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620