• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

戦後日本首相の外交思想 吉田茂から小泉純一郎まで

戦後日本首相の外交思想

歴代総理は、変わりゆく国際情勢とどのように向き合ったか。リーダーの決断の背後にある、外交思想と政治課題を描き出す。

著者 増田 弘 編著
ジャンル 日本史
政治・法律
出版年月日 2016年09月10日
ISBN 9784623075065
判型・ページ数 A5・488ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

本書は、戦後日本の首相たちが、どのような外交思想に基づいて外交を進めていったかについて検討する研究書である。吉田茂から小泉純一郎まで、主要な首相17名を取り上げ、時代に応じて変わる外交課題と思想の関係を描き出す。戦後首相の列伝で、第一線で活躍する政治学者が研究書として刊行するものは皆無であり、戦後政治史・外交史研究の古典となる一冊である。

 

[ここがポイント]
◎ 外交思想に着目した首相列伝はまだ少ない。
◎ 国際社会の中で日本の進むべき道を示してきたリーダーたちの実像がよくわかる。

序 章 戦後日本首相の外交思想研究(増田 弘)
 1 新憲法下の首相
 2 外交思想
 3 戦後首相の時期区分
 4 第一期 日本の復興期――吉田茂、芦田均、鳩山一郎、石橋湛山、岸信介
 5 第二期 日本の発展期――池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、中曽根康弘
 6 第三期 日本の変動期――海部俊樹、宮沢喜一、村山富市、橋本龍太郎、小泉純一
 7 ヨーロッパから見た日本首相イメージ
 8 日本にとっての日米関係

 第Ⅰ部 日本の復興期
第1章 吉田 茂――「親米」通商国家路線の形成者(井上寿一)
 1 敗戦と吉田茂
 2 平和主義
 3 サンフランシスコ体制
 4 戦後日本の国家像

第2章 芦田 均――対米協調論者の「国際貢献」論(楠 綾子)
 1 北東アジアの平和と安定の模索――1930年代
 2 講和と安全保障
 3 反共自由主義の闘士
 4 合理主義的外交構想

第3章 鳩山一郎――「吉田のすべて反対」を求めて(中島信吾)
 1 自由主義的政党政治家へ
 2 宰相への険しき道
 3 鳩山政権の外交課題

第4章 石橋湛山――脱“米ソ冷戦”を目指したリベラリスト(増田 弘)
 1 戦後日本再建の方途
 2 米ソ冷戦下における日本外交の方途
 3 脱“米ソ冷戦”に向けた日本外交の方途

第5章 岸 信介――アジア重視と日米協調(池田慎太郎)
 1 革新官僚から政治家へ
 2 アジア外交の位相
 3 「日米対等」を求めて
 4 岸外交の遺産

 第Ⅱ部 日本の発展期
第6章 池田勇人――「自由主義陣営の有力な一員」を目指して(吉次公介)
 1 池田政権の外交課題
 2 「自由主義陣営の有力な一員」を目指して
 3 日中と日韓
 4 池田政権の対東南アジア外交
 5 戦後日本外交史における池田の位置

第7章 佐藤栄作――ナショナル・プライドと外交選択(中島琢磨)
 1 佐藤の外交観――外交にナショナル・プライドを埋め込む
 2 沖縄返還に向けた政策判断――「待ちの政治」の応用
 3 沖縄の核兵器撤去問題

第8章 田中角栄――「内政の達人」、「外交の素人」の実像(佐藤 晋)
 1 国際政治観
 2 日中国交正常化
 3 石油危機への対応
 4 田中の外交思想

第9章 三木武夫――「理想をもつバルカン政治家」の外交(竹内 桂)
 1 三木内閣の外交課題
 2 日米関係の重視
 3 中ソへの「等距離外交」
 4 先進国首脳会議への参加
 5 ロッキード事件への対応

第10章 福田赳夫――「連帯」の外交(井上正也)
 1 大蔵官僚として
 2 自主独立から対米協調へ
 3 未完の「平和大国」論
 4 中国問題の陥穽
 5 福田外交の始動
 6 未完の全方位平和外交

第11章 大平正芳――「平和国家」日本の創造(福永文夫)
 1 大平外交の原点
 2 池田内閣外相時代
 3 田中内閣外相として
 4 大平内閣の成立

第12章 中曽根康弘――新冷戦を越えて(服部龍二)
 1 訪韓と「ロン・ヤス」関係
 2 「国際国家」日本の前途
 3 東京サミット前後
 4 在任中最後の外国訪問

 第Ⅲ部 日本の変動期
第13章 海部俊樹――平和国家の理念の下での国際貢献の模索(折田正樹)
 1 当時の国内外政治状況
 2 海部内閣の主要外交目標
 3 主要外交課題の展開
 4 海部首相の外交思想
 5 日本外交史上の評価

第14章 宮沢喜一――冷戦を越えた「吉田路線」(村上友章)
 1 サンフランシスコ講和への道
 2 吉田なき「吉田路線」の伝道師
 3 冷戦を越えた「吉田路線」

第15章 村山富市――歴史認識問題と向き合って(薬師寺克行)
 1 村山の生い立ちと思想形成
 2 首相就任と社会党の外交・安保政策の大転換
 3 日本外交の基礎となった戦後50年の首相談話

第16章 橋本龍太郎――冷戦後の「保守本流」(宮城大蔵)
 1 「政策通」としての台頭
 2 首相としての外交
 3 冷戦後の「保守本流」

第17章 小泉純一郎――劇場型政治家の「決断」と「思想」(佐道明広)
 1 内閣成立前の小泉
 2 小泉内閣成立と外交の混迷
 3 小泉時代の東アジア外交――拉致と靖国
 4 日米同盟強化の中で
 5 小泉外交とは何だったのか

第18章 戦後日本の首相イメージ――ヨーロッパ人の視点から(バート・エドストローム/植田麻記子訳・増田 弘監訳)
 1 対外的イメージ
 2 〔第一期〕敗戦からG7加盟まで
 3 〔第二期〕G7加盟から“55年体制”の終焉
 4 〔第三期〕“55年体制”の崩壊から小泉退陣まで
 5 戦後日本首相のイメージ

あとがき
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620