• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

「連帯金融」の世界 欧州における金融の社会化運動

「連帯金融」の世界

欧州で展開した、マイクロファイナンスの限界を超える倫理的・人道的な金融制度を解説した基本書。待望の邦訳

著者 アメリ・アルティ
尾上 修悟
ジャンル 経済
経済 > 金融
経済 > 社会政策
出版年月日 2016年04月20日
ISBN 9784623075997
判型・ページ数 4-6・264ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

世界的規模の金融危機を経て、既存の金融機関への信頼が揺らいでいる。本書は、1980年代から欧州で組織化され、フランスで発展した「連帯金融」の出現の必然性と形成過程、その実態を詳解。連帯金融を、世界的に注目されるマイクロファイナンスの抱える問題点を超えるものとして、またソーシャル・ビジネスとは異なる非営利的な金融の社会化と、人間の福祉の実現に向けた倫理的目的に沿う存在として位置づけ、その意義を明示する。(原書 Amélie Artis, Introduction à la finance solidaire, PUG, 2013.)

 

[ここがポイント]
◎ 欧州、特にフランスで発展した連帯金融のシステムを詳解。
◎ ユヌスのグラミン銀行に代表されるソーシャルビジネス、マイクロファイナンスの課題を克服する組織としての価値を明らかにする。

日本語版への序文
序 文
訳者序文 連帯金融出現の現代的意味

序 論

第1章 銀行・金融システムにおける連帯金融――一つの特別なアクター
 銀行・金融システムの変化
 特殊な社会・金融的仲介の形態としての連帯金融
 連帯金融:非伝統的金融における国際的な現実
 結 論

第2章 今日の連帯金融の概観
 現代の連帯金融:組織的な諸形態と多様な活動
  〈コラム1〉連帯的な投資家クラブの例
  〈コラム2〉連帯的な資本-リスク団体の例
  〈コラム3〉連帯金融団体の例
  〈コラム4〉マイクロクレディットの連合組合組織の例
  〈コラム5〉連帯保証団体の例
 連帯金融の組織的諸形態の比較
 結 論

第3章 連帯金融による経済に対する融資のテコ
 連帯金融の借り手は脆弱さをもたらす複数の要因が交錯するところに位置する
 生産的活動への融資:その制約と超克との間で
 連帯金融:リスク削減の因習的なメカニズム
 結 論

第4章 連帯金融のパフォーマンスと有効性
 連帯金融におけるパフォーマンスからインパクトの分析へ
 金融システムにおける連帯金融の位置づけ:競争的かそれとも補完的か
 結 論

 一般的結論

訳者解説 A.アルティの連帯金融論――金融の社会・経済的分析をめぐって

参考文献
索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620