• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

満川亀太郎 慷慨の志猶存す

満川亀太郎

「国家改造」に捧げた無私の生涯。没後80年にして初の本格評伝。

著者 福家 崇洋
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2016年04月10日
ISBN 9784623076826
判型・ページ数 4-6・402ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

満川亀太郎(1888〜1936)思想家・社会運動家。
迫り来る欧米列強の圧迫を前にアジアはいかにあるべきか。「奪はれたる亜細亜」を取り戻すため、虐げられる人々との「世界革命」を志した満川亀太郎。その高潔な人格から、北一輝、大川周明、下中彌三郎、中野正剛ら多くの同志と結びつき、国家改造運動・アジア解放運動に生気を与え続けた希有な生涯をたどる、没後80年にして初の本格評伝。

 

[ここがポイント]
◎ 満川についてはじめてのまとまった評伝
◎ 重要資料を渉猟して人物像を描く

序 章  国家改造の胎動
 1 日本の「岩戸開き」
 2 「草莽」の革命家

第一章 学校騒動
 1 みやこを離れて
 2 「東洋」への眼差し
 3 日銀事件
 4 学び舎に帰る
 5 世界統一主義
 6 学校騒動

第二章 若き操觚者
 1 「雄飛」と「革命」
 2 就職戦線
 3 慈母の死
 4 「硬派」の進退
 5 転機の一年
 6 「亜細亜覚醒」の先導
 7 明治の終焉

第三章 老壮会・猶存社時代
 1 「亜洲復興」への途
 2 老壮会の世話人
 3 猶存社と改造法案
 4 「過激派」は敵か
 5 「革命的大帝国」の建設
 6 「国家改造」の序曲
 7 ロシア承認運動

第四章 「第二維新」への階梯
 1 破壊と再建
 2 行地社時代
 3 「第二維新」の希求
 4 行地社の分裂
 5 分岐する「改造」
 6 精神的結盟の再興
 7 床次竹二郎暗殺計画告発事件
 8 告発事件とその余波

第五章 事変後の寵児
 1 「興亜」の礎
 2 無産政党再編
 3 新日本国民同盟の結成
 4 アジア解放運動
 5 改造請願運動

終 章 「惟神」の道へ
 1 統一戦線の模索と挫折
 2 「皇化」の伝導
 3 不慮の死

資料ならびに参考文献
あとがき
満川亀太郎略年譜
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620