• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

核拡散防止の比較政治 核保有に至った国、断念した国

核拡散防止の比較政治

中国、インド、パキスタン、南アフリカ、イラン、北朝鮮…核開発決断の決定要因を、軍縮不拡散外交の第一線に立つ著者が解明。

著者 北野 充
ジャンル 政治・法律
出版年月日 2016年07月20日
ISBN 9784623076468
判型・ページ数 A5・468ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

「核のない世界」の実現に向けて何が必要なのか。本書では、国際社会の期待に背いて核を持った国々、核兵器開発を断念した国々、そして核開発問題が懸案となっている国々について、核開発決断の決定要因、核開発阻止への取り組み、そして核開発の影響を精査に分析する。なぜ国家が核兵器を持とうとするのか、それを阻止する有効な手段は何かを考える、初の包括的研究成果。

 

[ここがポイント]
◎ 核拡散防止に向けた取り組みはなぜ時に成功し、時に失敗するのか。その要因を包括的に分析する。
◎ 「唯一の被爆国」として、核拡散防止を希求する日本には何ができるのか。
◎ 著者は、外務省で軍縮・核拡散防止に取り組む第一人者。

はじめに

序 章 四つの問題と分析枠組み

 第Ⅰ部 核兵器の保有に至った国々
第1章 中国——歴史の転換点となった核拡散
 1 核開発の動機
 2 核開発のプロセス
 3 核開発阻止のための取り組み
 4 核開発の影響

第2章 イスラエル——最も不透明な核保有国
 1 核開発の動機
 2 核開発のプロセス
 3 核開発阻止のための取り組み
 4 核開発の影響

第3章 インド——「平和的核爆発」から核ドクトリンへ
 1 核開発のプロセス
 2 核開発の動機
 3 核開発のプロセス
 4 拡開発阻止のための取り組み
 5 核開発の影響

第4章 パキスタン——二つの危険な核拡散
 1 核開発の動機
 2 核開発のプロセス
 3 核開発阻止のための取り組み
 4 核開発の影響

 第Ⅱ部 核兵器の開発・保有を断念した国々
第5章 南アフリカ——アパルトヘイト国家からの脱却
 1 核開発のプロセス
 2 核開発の動機
 3 核廃棄のプロセス
 4 核廃棄の動機

第6章 イラク——武力行使による核開発阻止
 1 核開発のプロセス
 2 核開発の動機
 3 核開発阻止のための取り組み

第7章 リビア——テロ支援国家からの脱却
 1 核開発のプロセス
 2 核開発の動機
 3 核開発放棄のプロセス
 4 核開発放棄の動機
 5 核開発放棄後のリビア

第8章 ウクライナ——ソ連解体の決算
 1 核放棄のプロセス
 2 核放棄の動機

 第Ⅲ部 核問題が懸案となっている国々
第9章 北朝鮮——危機の連鎖
 1 核問題の経緯
 2 核開発の動機
 3 核開発のプロセス
 4 核開発阻止のための取り組み
 5 核開発の影響

第10章 イラン——国際社会との共存は可能か
 1 核問題の経緯
 2 核活動の動機
 3 核活動のプロセス
 4 核開発阻止のための取り組み
 5 核活動の帰趨と影響

結 論 日本としての取り組み
 1 核開発に関わる決断の決定要因
 2 核開発のプロセス
 3 核開発阻止のための取り組み
 4 核開発の影響
 5 日本としての取り組み——七つの方策


主要文献案内
あとがき
主要関係年表
事項索引
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620