• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

廣池千九郎 道徳科学とは何ぞや

廣池千九郎

モラロジーを提唱し、麗澤大学を設立する一方、東洋法制史開拓でも知られる廣池千九郎。彼の道徳観はいかに形成されたのか

著者 橋本 富太郎
ジャンル 哲学・思想
教育
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2016年11月10日
ISBN 9784623077380
判型・ページ数 4-6・498ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

廣池千九郎(1866~1938年)道徳研究者・教育者。

『道徳科学の論文』でモラロジーを提唱し、麗澤大学を設立する一方、『古事類苑』への貢献や東洋法制史の開拓でも知られる廣池千九郎。近年、道徳教育への注目により再評価されるその道徳観はいかに形成されたのか。本書では、研究遍歴と交友関係を改めて検討し、道徳の科学的研究に至る過程を描き出す。

 

[ここがポイント]
◎ モラロジー(道徳科学)の提唱者にして麗澤大学の創立者、廣池千九郎はいかなる人物だったのか。
◎ その道徳観はいかに形成されたかを解明する。

まえがき

第一章 中津と『中津歴史』
 1 生誕地「中津」
 2 廣池の生家
 3 廣池少年の足跡
 4 麗澤館に学ぶ
 5 熱血教師
 6 『中津歴史』の完成

第二章 歴史研究から東洋法制史の開拓へ
 1 京都で『史学普及雑誌』創刊
 2 経済的な苦境と新分野への模索
 3 妙雲院の時代
 4 『古事類苑』の編纂
 5 国学者の群像
 6 『支那文典』の完成
 7 東洋法制史の開拓

第三章 神道の研究と信仰
 1 神宮皇學館
 2 『伊勢神宮』と神道史講義
 3 求道者への歩み
 4 大病から生還まで
 5 天理教本部時代

第四章 「道徳科学」の確立と展開
 1 「道徳科学」の萌芽
 2 「道徳科学」の論文刊行へ
 3 『道徳科学の論文』
 4 社会教育活動の展開
 5 道徳科学専攻塾
 6 最晩年の事跡

終 章 廣池没後の動静
 1 学園の危機
 2 意思の継承と評価

参考文献
あとがき
廣池千九郎略年譜
事項索引
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620