• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

保育の場で子どもを理解するということ エピソード記述から“しる”と“わかる”を考える

保育の場で子どもを理解するということ

エピソードを記述し、読み合い、語り合う。そこから見えてくる、保育という営みに込められた保育者と子どもたちの思い。

著者 室田 一樹
ジャンル 保育
出版年月日 2016年07月30日
ISBN 9784623077465
判型・ページ数 A5・172ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

9か園、延べ40名を超える保育者たちが、2年の歳月をかけて編み上げた60のエピソード記述。そこから、子どもを理解するということの意味、保育者が子どもの傍らにいることの意味、子どもが保育者とともに保育の場を生きることの意味を考えていく。また本書全体を通して、保育をエピソード記述によって省みることの重要性と、一方でエピソード記述を描くことの難しさが提示されており、そこからはエピソード記述に基づく保育実践に取り組む糸口も見えてくる。

 

[ここがポイント]
◎ 保育において「子どもを理解する」とはどういうことかという根源的な問題を、エピソードを通して具体的に考える。
◎ エピソード記述の書き方や実践への活かし方などについても理解できる。

まえがき

第1章 “しる”と“わかる”とエピソード記述
 1 子どもが世界と出会う保育の場と保育者の仕事
 2 なぜ、保育の場の子ども理解にエピソード記述は有効なのか

第2章 感性的子ども理解=“わかる”がなぜ重要なのか
 1 ぎこちない抱っことしっくり抱っこ
 2 “抱っこしなければ”が“抱っこしていたい”に変わる
 3 子どもが気持ちを伝えてくれる瞬間を見逃さない

第3章 保育の場のエピソードを記述する、読み合う
 1 保育者がエピソード記述に向かうとき
 2 記述する、リライトする
 3 エピソード記述を読み合う

第4章 実習ノートとエピソード記述
 1 実習ノートを読む
 2 エピソード「なっちゃんの赤いほっぺ」を読む
 3 複数の“読み”の可能性

第5章 “しる”と“わかる”を相補的な関係に位置づける
 1 “しる”と“わかる”の相補的関係
 2 保育セッションと不文の指導案を再考する
 3 鍵概念を整理する──まとめにかえて

あとがき

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620