• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

特別の教科 道徳Q&A

特別の教科 道徳Q&A

道徳が「特別の教科」に!! 教科になって何がどう変わるの? そのギモンに徹底的にお答えします!!

著者 松本 美奈
貝塚 茂樹
西野 真由美
合田 哲雄
ジャンル 教育
社会
出版年月日 2016年08月10日
ISBN 9784623077403
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

平成30年度から、道徳は今までの教科外活動から「特別の教科」に変更となる。教科化によって道徳はどうなるのか? 何が変わるのか? あるいは変わらないのか? いじめは本当になくなるのか? そもそも道徳とは何なのか? 様々な懸念や期待の入り混じったテーマに正面から徹底的に答える必読の解説書である。

[ここがポイント]
◎ 様々な疑問に見開きでわかりやすく回答。
◎ 教科化によって変わることと、目指すことを明確に示す。

はしがき

第1章 どうして今、道徳教育なの?――未来を創る教育の必要性
 Q1 今の子どもたちにはどんな未来が待っているの?(子どもたちが生きる未来社会)
 Q2 未来を生きる子どもたちはどんな力を身に付ければいいの?(成熟社会で求められる力)
 Q3 学校教育も変わっていくの?(学校教育における不易と流行)
 Q4 そもそも道徳って何?(道徳の定義)
 Q5 道徳は、家庭や社会で身に付けるものじゃないの?(社会全体で進める道徳教育と学校教育の役割)
 Q6 道徳よりも学力の方が大事じゃないの?(道徳と学力)
 Q7 道徳教育は「いかに生きるべきか」に答えてくれるの?(生きる力を育てる道徳教育)
 Q8 今までと違う道徳教育が必要なの?(道徳教育の使命)
 Q9 学校の道徳教育は、いじめにどう向き合うの?(いじめ問題への対応)
 Q10 外国にも道徳教育があるの?(諸外国の道徳教育)

松本美奈のここが聞きたい①――カギ握る 大学の力量――松本美奈×合田哲雄

第2章 特別教科化って何?――道徳が教科になるということ
 Q1 なぜ、「教科」にしなければならないの?(「特別の教科」の必要性)
 Q2 なぜ、「特別の教科」なの?(「特別の教科」の意味)
 Q3 教科になると学校で重視されるようになるの?(学校全体での取組の推進)
 Q4 道徳は、「特別の教科 道徳」(道徳科)だけで教えられるの?(道徳科を要としつつ、すべての教科等で育む道徳性)
 Q5 道徳科が「要」ってどういうこと?(学校の教育活動全体の中での道徳科の役割)
 Q6 道徳教育の目標にある「他者と共によりよく生きる」ってどういうこと?(学校における道徳教育の目標)
 Q7 道徳で教える「内容」って何?(内容項目の説明・今回の改訂で追加された内容・発達段階と系統性)
 Q8 検定教科書ができるの?(検定教科書による質の高い教材の提供)
 Q9 教科書以外の教材は使えるの?(多様な補助教材を用いた効果的な指導) 
 Q10 教科になると子どもの実態に柔軟に対応できないんじゃないの?(教科書偏重の懸念)
 Q11 誰が道徳の授業をするの?(学級担任の道徳科指導力)
 Q12 授業の中身はこれまでと変わらないんじゃないの?(「考え、議論する道徳」への質的転換)
 Q13 学校ごとに違っていいの?(重点目標と、全体計画の作成・特色ある教育活動)
 Q14 小学校と中学校で何か違いはあるの?(発達の段階に応じた指導)
 Q15 教科なのに地域や保護者の協力が必要なの?(社会に開かれた教育課程)

松本美奈のここが聞きたい②――修身科の学問的検証を「道徳科」に活かす――松本美奈×貝塚茂樹

第3章 授業と評価はどうなるの?――特別教科化で道徳が変わる
 Q1 いい授業ってどんな授業?(考え、議論する道徳)
 Q2 授業でどんな力を育てるの?(道徳性の諸様相)
 Q3 なぜ「多面的・多角的に」考える必要があるの?(道徳科の目標1)
 Q4 「価値の理解」ってどういうこと?(道徳科の目標2)
 Q5 問題解決的な学習ってどんなもの?(問題解決的な学習1)
 Q6 道徳の問題が一時間で解決するの?(問題解決的な学習2)
 Q7 「多様な感じ方や考え方に接する」ってどうすればいいの?(道徳科における言語活動)
 Q8 「指導方法の工夫」ってどうすればいいの?(児童生徒の実態や指導する内容等に応じた指導方法)
 Q9 「体験的な学習を取り入れる」って、授業で何を体験させるの?(体験的な学習)
 Q10 ねらいとする価値は一つに決めなければならないの?(複数の価値の学習)
 Q11 答えが一つではないってどういうこと?(選択して決定する力)
 Q12 「現代的な課題」って具体的に何なの?(現代社会を生きる上で直面する課題)
 Q13 情報モラルの指導もするの?(情報モラル教育)
 Q14 身近な問題を取り上げると学級活動になってしまうのでは?(特別活動と道徳)
 Q15 小学校低学年の子どもに議論ができるの?(発達の段階)
 Q16 議論すると学級の雰囲気が悪くなるのでは?(議論する道徳)
 Q17 多様な意見が出たとき、教師はどうまとめればいいの?(学習の振り返り)
 Q18 子どもたちの学習上の困難さに応じてどんな配慮をすればいいの?(困難さの状況に応じた配慮)
 Q19 道徳教育に評価があるの?(道徳教育・道徳科における評価1)
 Q20 道徳教育をどのように評価するの?(道徳教育・道徳科における評価2)

松本美奈のここが聞きたい③――子どもの成長 促す評価――松本美奈×西野真由美

第4章 道徳に何ができるの?――ヨコに広がり、タテにつながる教育
 Q1 道徳に取り入れられる「アクティブ・ラーニング」って何?(「アクティブ・ラーニング」の視点)
 Q2 「アクティブ・ラーニングがなぜ道徳と関わるの?」(「アクティブ・ラーニング」の視点と道徳の関係)
 Q3 「アクティブ・ラーニング」の視点で授業を改善することで何がどう変わるの?(「アクティブ・ラーニング」で変わる授業)
 Q4 なぜ道徳で「主体的な学び」や「対話的な学び」が要るの?(「アクティブ・ラーニング」の「主体的な学び」と「対話的な学び」)
 Q5 道徳に「深い学び」?(「アクティブ・ラーニング」の「深い学び」)
 Q6 他教科の学びとどうつながるの?(カリキュラム・マネジメント)
 Q7 親・保護者はどう関わったらいいの?(親・保護者との連携と協力)
 Q8 高校教育との関係は?(道徳と高校教育)
 Q9 道徳で、社会で生きていくために必要な力が付くの?(社会をよりよくするための道徳教育)
 Q10 「よりよい社会づくり」に、どうつながるの?(「よりよい社会づくり」の基盤となる道徳教育)

松本美奈のここが聞きたい④――道徳はアクティブ・ラーニングの核――松本美奈×ロバートキャンベル

第5章 道徳の特別教科化を語ります!――松本美奈×貝塚茂樹×西野真由美×合田哲雄

資料編

索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620