• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

モバイル・ライブズ 「移動」が社会を変える

モバイル・ライブズ

拡大し続ける「移動」が招いたリスク社会の実相と人々の「日常生活」に生じた複雑性を分析。

著者 アンソニー・エリオット
ジョン・アーリ
遠藤 英樹 監訳
ジャンル 社会
社会 > 観光
出版年月日 2016年11月10日
ISBN 9784623076871
判型・ページ数 A5・266ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

本書は、旅、観光、輸送といった「モビリティ(移動)」を基盤としたライフスタイルの形成過程を踏まえ、この「モビリティ(移動)」が個人や社会に与える影響を考察したものである。アーリの「移動」に関する概念が最も分かりやすく書かれた一冊。[原書 Elliott,A. and Urry,J.(2010)Mobile Lives]

 

[ここがポイント]
◎ ジョン・アーリの著作の中で最も分かりやすい内容。
◎ 人の「移動」が社会に与える影響を丁寧に考察。

はじめに
謝  辞

第1章 モバイル・ライブズ――さらに遠くへ?
 1 あるモバイル・ライフ
 2 移動の途上で――オン・ザ・ムーブ
 3 モビリティーズ・パラダイム
 4 本書の議論

第2章 新しい技術・新しいモビリティーズ
 1 デジタルなモビリティーズ
 2 デジタル技術と小型化されたモビリティーズ
 3 デジタルな生活――情動の蓄積・保存・検索
 4 結  論

第3章 ネットワークと不平等
 1 ネットワークとネットワーキング
 2 集  い
 3 ネットワーク資本の領域
 4 結  論

第4章 グローバルズとモビリティーズ
 1 超えていく――グローバルズ
 2 グローバルズ――新しいスーパー・エリートの出現
 3 数百万ドルとモバイルな駆け引き
 4 グローバルな激しい競争におけるモビリティーズ――エリートの逃避術
 5 グローバルズの自己様式化
 6 グローバルズ・モビリティーズ・空間

第5章 モバイルな関係――遠距離の親密性
 1 モバイルな親密性をやりくりする
 2 親密な関係性――地域的な限定から個人化されたモビリティへ
 3 親密性・空間・モビリティ――再検討
 4 モバイルな親密性
 5 性をモバイル化する
 6 結論――拡張している(stretching)? それとも拡張してしまった(stretched)?

第6章 過剰な消費
 1 ドバイとは
 2 モバイルな消費社会
 3 モバイル・ライブズと管理社会
 4 新自由主義
 5 例外か典型か
 6 結論――パーティーの終わり

第7章 せめぎ合う未来
 1 20世紀
 2 気候・エネルギー・人間
 3 未  来
 4 果てしない移動
 5 ローカル・サスティナビリティ
 6 地域軍閥主義
 7 デジタル・ネットワーク
 8 複合的な未来
 9 破  局

おわりに

監訳者あとがき
索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620