• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

大震災復興過程の政策比較分析 関東、阪神・淡路、東日本三大震災の検証

大震災復興過程の政策比較分析

「災後」時代に備える政策のあり方とは。災害に強い行政組織と市民社会を目指し、大震災とその復興を政治学的視点から検証。

著者 五百旗頭 真 監修
御厨 貴 編著
ジャンル 政治・法律
社会
シリーズ 政治・法律 > 検証・防災と復興 1
出版年月日 2016年09月10日
ISBN 9784623077823
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

大災害に際し、重大な役割を担う政治や行政はどのような備えを行うべきか。本書は、関東、阪神・淡路、東日本の三大災害を、①復旧・復興の政治過程、②政府と官僚の危機管理、③震災をめぐる社会認識について、政治学的な分析視角から比較検証。これらの知見を基に、2016年に発生した熊本地震も含めた今後の災害対策、復旧・復興体制を考察し、災害時の強固な統治体制や日本社会のあり方への認識を深める。

 

[ここがポイント]
◎ 災害時の政策運用、政治的リーダーシップの重要性、官僚のあり方の重要性を指摘。
◎ 災害・復興時の弱者への対応、再配分への思慮の重要性を指摘。
◎ 多様な組織の参入における政治的プロセスにも注目。

巻頭言(五百旗頭 真)
はしがき

序 章 「災後」をつくる(御厨 貴)
    ――「さかのぼり災後史」の試み
 1 熊本地震:戦後から災後の時代に
 2 東日本大震災:「戦後」が終わり「災後」が始まる
 3 阪神・淡路大震災:下河辺淳のデザインとリーダーシップ
 4 関東大震災:「赤い日」と「社会革命」と「バラック賛歌」
 5 「さかのぼり災後史」からの展望

 第Ⅰ部 三大震災の復旧・復興過程
第1章 関東大震災後の政治過程(筒井清忠)
 1 はじめに:関東大震災と政治
 2 第二次山本権兵衛内閣の成立
 3 山本内閣と新聞世論
 4 山本内閣と政党
 5 後藤・犬養と新党運動
 6 新党計画の挫折
 7 小括:震災復興政治への提言

第2章 三大震災における記憶の記録(牧原 出)
 1 はじめに:震災とアーカイブ
 2 関東大震災と記録保存
 3 阪神・淡路大震災と「記録保存」の記録
 4 東日本大震災と「アーカイブ」を見渡す視線
 5 おわりに:震災の記録保存の意義

第3章 復興権力の三大震災比較(村井良太)
    ――近代日本における「災後」の統治と政権交代
 1 大規模地震災害と復興権力:創造的復興を担う政権基盤、制度装置、体制原理
 2 関東大震災(1923年)と復興権力:第一次世界大戦後の民主化過程と震災対応
 3 阪神・淡路大震災(1995年)と復興権力:冷戦後ポスト55年 体制下での震災対応
 4 東日本大震災(2011年)と復興権力:21世紀初頭の政治的模索下での震災対応
 5 大規模地震災害と日本における民主政治:政治体制における防災の主流化

 第Ⅱ部 政府と官僚の危機管理
第4章 災害復興と都市・住宅政策(砂原庸介)
 1 災害後の復興重視から災害前の備えの重視へ
 2 震災復興と住宅再建
 3 平時の都市・住宅政策との連続性
 4 公共政策への含意:住宅から見た災害復興

第5章 被災者への現金支給をめぐる制度と政治(手塚洋輔)
 1 問題の構図:なぜ現金支給が拡大したのか?
 2 近代日本における義援金体制
 3 住宅再建の公的領域化:1990年代の社会変動
 4 義援金から税金へ:2000年代の公費拡充
 5 東日本大震災と薄氷の上の現金支給:2010年代の実像
 6 偶然と必然、そして展望

第6章 被災港湾の復旧・復興をめぐる政府間関係(林 昌宏)
    ――関東と阪神・淡路の両大震災を中心に
 1 はじめに:被災港湾の復旧・復興を分析する意義
 2 分析視角とその方法:港湾整備をめぐる制度と行政体制の変容を踏まえて
 3 関東大震災により被災した横浜港の復旧・復興
 4 阪神・淡路大震災により被災した神戸港の復旧・復興
 5 おわりに:被災港湾の復旧・復興の特徴と課題

第7章 災害廃棄物処理の行政(森 道哉)
    ――阪神・淡路大震災、東日本大震災における教訓とその行方
 1 災害廃棄物処理における都道府県への着目
 2 災害廃棄物処理の概況と世相
 3 研究の動向:基礎自治体及び国への着目
 4 分析の視座と行政の報告書を検討する意義
 5 兵庫県、岩手県、宮城県の報告書を読む:主な被災県における教訓の継承の試みと国への提言
 6 環境省が関わる報告書を読む:国の「制度」の改変への環境整備
 7 災害廃棄物処理の行政への再訪に向けて

 第Ⅲ部 震災をめぐる社会認識
第8章 女性たちの支援活動と復興への回復力(辻* 由希)
 1 女性の政治的・社会的地位と震災復興
 2 関東大震災後の救護活動を担った女性団体
 3 阪神・淡路大震災と活発化する女性の市民活動
 4 東日本大震災の被災者支援に活かされた女性の経験
 5 「公共」領域における女性の役割拡大は回復力に貢献するか

第9章 震災記憶の風化(善教将大)
    ――阪神・淡路大震災と東日本大震災に関する新聞記事の比較分析
 1 問題の所在:震災への関心はどのように失われていくのか
 2 「前提」としての風化現象
 3 資料の収集法と分析手法
 4 記事件数の推移から見る風化現象
 5 報道内容から見る風化
 6 風化のプロセスとその含意

第10章 人命救助部隊の応援派遣と組織間連携(奥薗淳二)
 1 序論:復興過程としての教訓の活用
 2 応援派遣の意義と制度
 3 応援派遣の比較分析
 4 おわりに:応援・受援システムの標準化

第11章 三大震災時の受援をめぐる比較考察(渡邉公太)
    ――「災害外交」の視点から
 1 はじめに:三大震災と日本の受援
 2 関東大震災:戦前日本の「災害外交」
 3 阪神・淡路大震災:「災害外交」の始点
 4 東日本大震災:「災害外交」の展開
 5 おわりに:「災害外交」の可能性

人名索引/事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620