• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

発達148:運動発達をめぐる最前線 新刊 赤ちゃん学からひも解く運動の意味

発達148:運動発達をめぐる最前線

胎児期や乳児期の運動をめぐる最前線から、子どもの育ちを考える特集

ジャンル 心理 > 発達
シリーズ 心理 > 発達 148
出版年月日 2016年10月25日
ISBN 9784623078141
判型・ページ数 B5・120ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

脳科学の進歩が目覚ましいなか、「ミラーニューロン」や「運動の発現における意識の関与」の発見など、運動をめぐる研究も新たな段階に入ってきています。本号では、胎動や乳児期の運動の研究紹介を中心に、知られざる「動くことの意味」について迫ります。運動発達をめぐる最前線から、子どもの育ちを考える特集。

 

[ここがポイント]
◎ 胎児期・乳児期の運動発達をめぐる最新研究が一冊に。
◎ われわれが日々「普通」に行っている、「動く」ことの意味を問うことから見えてくる、知られざる「発達」の世界。

【特 集】
総論 動くことで広がる赤ちゃんの世界(小西行郎)
 Ⅰ ヒトはどのようにして動き始めるのか
運動の始まりとしての胎動を考える(諸隈誠一)
胎児の表情の発達(秦 利之)
意識と無意識の切り替え(荒田晶子)
新生児・乳児期に観察されるジェネラルムーブメント(中野尚子)
乳児における身体知識の起源と発達(板倉昭二)
 Ⅱ 動くことから始まる発達
乳児期の運動――運動における意識と無意識(久保田雅也)
自己の芽吹きを支える身体運動(渡辺はま)
発達早期のミラーニューロンシステム――他者の動きの意味を理解する(鹿子木康弘)
心をつなぐ運動の同期――対人同期現象と自閉症スペクトラム障害(佐藤 德)
動くことで発達していく空間認知(高野裕治)
リハビリテーションの意味を問う――共同研究過程としてのリハビリ(熊谷晋一郎)

【連 載】
保育に活かせる文献案内〈連載15〉
 運動指導から運動遊び指導へ(汐見稔幸)
子どもたちの情景――そばにそっといたおねえさん先生から見えたこと〈連載 9〉
 非対等な関係のなかの適応(ひらのゆうこ・浜田寿美男)
人との関係に問題をもつ子どもたち〈連載 90〉
 緊張の強い自分の身体と向き合い、緊張を乗り越えて学びを楽しめるようになったSくん(《発達臨床》研究会)
霊長類の比較発達心理学〈連載 127〉
 チンパンジー研究者、母になる――ヒトの生後3歳から3歳6カ月までの発達(林 美里)
障がいのある子の保育・教育のための教養講座―実践障がい学試論【保育/教育指導編】〈連載 18〉
 理論が想定しない技法が扱う領域(佐藤 曉)
心理学をめぐる私の時代史〈連載 3〉
 「大学」のなかで浮遊していた頃――波乱の手前で(浜田寿美男)

【発達読書室】
著者が語る﹃もういちど自閉症の世界に出会う――「支援と関係性」を考える﹄(野嶋スマ子)
書籍紹介

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620