• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

関係の中で人は生きる 「接面」の人間学に向けて

関係の中で人は生きる

40余年の研究を経て行き着いた、「接面パラダイム」という人間の内面を真正面から扱うことのできる新たな枠組みに迫る

著者 鯨岡 峻
ジャンル 心理
保育
出版年月日 2016年11月30日
ISBN 9784623078653
判型・ページ数 A5・384ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

“周囲の人と交わり共に生きる”ことへの関心を研究の出発点とし、「人の生きる現場に赴いてその生き様に触れ、私の意識体験を現象学的に反省することから人の生の本質に迫る」ことを研究目的としてきた著者の集大成ともいえる一冊。処女作から30年を経た今、関係発達、間主観性、両義性、相互主体性という著者の導き出した理論的柱とエピソード記述をめぐるエッセンスを概観したうえで、いまだ未整理だった「接面」の概念、「接面の当事者」という新しい構想をとりあげ、対人実践へとつなぐあり方を考える。

 

[ここがポイント]
◎ 関係発達、間主観性、両義性、主体、エピソード記述、接面という鯨岡理論の概念をまとめた、研究成果の集大成ともいえる書。
◎ 多様なエピソード記述から具体的に「接面」という概念を捉える。
◎ 保育・教育・障碍・看護・臨床・介護といった多岐にわたる領域を「接面の人間学」の視点で考える。

序 章 「接面」の人間学のために
 1 研究のスタートと基本となる考えの模索
 2 「接面」の人間学に向けて

第1章 「接面」という概念が導かれるまで
 1 現象学に惹かれる
 2 関係発達という考え方に至るまで
 3 関係発達論の第1主題:「間主観的に分かる」ということ
 4 関係発達論の第2主題:両義性という考え方
 5 関係発達論の第3主題:主体という概念

第2章 なぜ接面パラダイムなのか
 1 「接面」の概念に至る経緯と二つの観察枠組みの違い
 2 「接面」とは
 3 エピソード記述と「接面」
 4 「接面」と関係発達論の諸概念との関係
 5 客観主義パラダイムと接面パラダイム
 6 「接面」の人間学を展望する

第3章 「接面」とエピソード記述
 1 「接面」、意識体験、エピソード記録
 2 エピソードを描くことと「接面」
 3 エピソード記述を読むことと「接面」
 4 実践をエピソード記述に綴ることと「接面」

第4章 当事者研究のために
 1 広義の「当事者研究」とは
 2 書籍『障碍のある子とともに歩んだ20年』より
 3 書籍『慢性腎疾患の子どもとその母親・家族の関係発達の諸相』より
 4 論文「てんかんと発達障碍を抱えた子どもとその母親の関係発達の諸相」より
 5 三つの当事者研究を読んで

文献一覧
あとがき

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620