• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

徳川家康 われ一人腹を切て、万民を助くべし

徳川家康

天下公共の政治を目指した家康、 豊臣家滅亡の深奥の意義を解明。

著者 笠谷 和比古
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2016年12月10日
ISBN 9784623078691
判型・ページ数 4-6・476ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

徳川家康(1543~1616)江戸幕府初代将軍。
三河の弱小大名に生まれたものの、持前の努力と強運、そして家臣団に支えられてついに天下人となった徳川家康。本書では、その知られざる人物像を析出しつつ、卓越した戦略と政略、そして政治思想を解明する。

 

[ここがポイント]
◎ 弱小大名に生まれた家康が、大勢力の中で生き抜き、数々の合戦を経て天下を取るまでの足跡を、関ヶ原合戦像を一変させた著者が描く。
◎ 大坂の陣はなぜ勃発したのか。また旧主家である豊臣家を亡ぼしたことは、「徳川の世」にいかなる影響をもたらしたか。
◎ 徳川家康没後400年記念出版。

はしがき

第一章 家康の誕生と幼少時代
 1 家康の誕生
 2 松平―徳川家の始祖伝承
 3 松平一族の発展――十八松平と譜代家臣団
 4 今川の人質

第二章 桶狭間の戦いと松平家の独立
 1 桶狭間の戦い
 2 三河一向一揆
 3 松平から徳川へ――「徳川家康」の名乗り
 4 徳川家の譜代家臣
 5 新参取り立て
 6 三河時代の徳川家の軍制と職制

第三章 織田・徳川同盟――永禄五年〜天正一〇年
 1 信長との同盟
 2 三方ヶ原の戦い
 3 長篠・設楽ヶ原の戦い
 4 岡崎信康切腹事件
 5 武田家の滅亡
 6 本能寺の変と伊賀越え
 7 甲州・信州の併合――天正壬午の乱

第四章 豊臣政権への帰順
 1 小牧・長久手の戦い
 2 上洛と豊臣体制への帰順
 3 聚楽第行幸と家康の源氏改姓
 4 五ヶ国領有と領内政治

第五章 関東移封と江戸入部
 1 小田原の陣と関東移封
 2 江戸がなぜ選ばれたか――江戸の地形と戦略的意味
 3 家臣団の知行割り

第六章 豊臣政権の分裂と秀吉の死
 1 文禄・慶長の役
 2 関白秀次事件
 3 豊臣政権の抱えた政治的矛盾
 4 秀吉死後の政治情勢
 5 豊臣七将の石田三成襲撃事件

第七章 関ヶ原合戦――新しい歴史像
 1 関ヶ原合戦の性格
 2 会津征討
 3 石田三成の挙兵
 4 家康方東軍の軍事的展開
 5 徳川秀忠隊の行動
 6 関ヶ原合戦

第八章 徳川幕府の成立
 1 関ヶ原合戦後の地政学的状況
 2 豊臣家と秀頼の政治的位置
 3 家康の将軍任官と徳川幕府の成立
 4 家康の将軍政治

第九章 大坂の陣と徳川幕藩体制の確立
 1 豊臣秀頼の政治的地位と慶長年間の二重公儀体制
 2 大坂冬の陣
 3 大坂夏の陣
 4 徳川幕藩体制の確立
 5 家康の死、徳川の平和

終 章 家康の政治と文化
 1 法による支配
 2 伝統主義に基づく統治
 3 融和政治、自治分権尊重
 4 学問尊重の精神
 5 善隣友好の外交
 6 家康の趣味と嗜好

付 論 家康の親族と女縁

参考文献
あとがき
徳川家康略年譜
事項索引
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620