• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

宗教とは何か 根源的生命への帰一

宗教とは何か

原始宗教や古代宗教、仏教やキリスト教を素材に、その底流に流れている原初的な宗教感情を取り出し、宗教の根源を探る宗教哲学入門。

著者 小林 道憲
ジャンル 哲学・思想
シリーズ 哲学・思想 > 小林道憲〈生命の哲学〉コレクション 4
出版年月日 2016年12月10日
ISBN 9784623077298
判型・ページ数 A5・488ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

宗教は自己を超える大いなるものへの畏怖と帰一の感情である。この原初的な宗教感情を、原始宗教や古代宗教の底流に見、宗教が誕生してくる源泉を探る。より高度な宗教的世界観を創造した仏教やキリスト教など高度宗教は、この宗教感情を、死や苦、罪や悪の自覚を通してより深めた。あらゆる宗教に一貫して流れる宗教的真実の意味を理解し、宗教の本質について考察する。生命論的世界観からの宗教の解釈。

 

[ここがポイント]
◎ 生命論的世界観からの宗教の解釈
◎ 宗教の根源を探る宗教哲学入門

[宗教とは何か―古代世界の神話と儀礼から]
プロローグ 宗教の本質の探求
第一章 大いなるものへの畏怖
 1 大自然への畏怖
 2 死の自覚
 3 原始宗教
 4 宗教とは何か

第二章 大地と生命
 1 生 成
 2 豊 穣
 3 死
 4 再生と循環

第三章 死と再生
 1 魂と肉体の分離
 2 冥界の諸相
 3 生と死の連続

第四章 生成と創造
 1 混沌からの生成
 2 生成の弁証法
 3 創造と再生

第五章 儀礼と象徴
 1 宇宙の循環と農耕牧畜儀礼
 2 古代の密儀
 3 儀礼の意味

第六章 罪と悪の自覚
 1 混沌と秩序
 2 罪と罰
 3 原罪と審判
 4 赦しと救い

 エピローグ 宗教と日本人
 註
 主な参考文献
 あとがき


[続・宗教とは何か―仏教とキリスト教の思想から]
まえがき
第一章 解脱の世界
 1 死と無常
 2 苦と業
 3 解 脱
 4 根源的生命
 5 相互連関
 6 生成と迷い

第二章 救いの世界
 1 罪と悪
 2 救 い
 3 絶対と相対
 4 愛と命
 5 煩悩と救い

 人名・語句解説
 主な参考文献
 あとがき


[付 論]
 輪廻転生の思想
 親鸞と現代


後 記

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620