• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

夏目漱石 人間は電車ぢやありませんから

夏目漱石

近代日本文学に燦然と輝く軌跡を残し、「日本人の先生」とも称される漱石。その思考を照らし、人間の〈内的〉な部分を見通す評伝

著者 佐々木 英昭
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2016年12月10日
ISBN 9784623078936
判型・ページ数 4-6・410ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫僅少
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

『吾輩は猫である』『坊ちゃん』『草枕』と近代日本文学に燦然と輝く軌跡を残し、「日本人の先生」とも称される漱石。本書は、書き残されたあらゆる文章と着実な証拠のみにもとづいて、漱石の思考内容とその推移を照らし、漱石その人の〈内的〉な部分を見通す評伝である。

 

[ここがポイント]
◎ 比較文学・文学理論・俳句論の新しい光を当てた〈内的〉評伝。
◎ 信頼のおける漱石資料から思考過程を見据え、その人間に迫る。

序 章 日本人の先生

第一章 七人の親たち
 1 夜店にさらされる赤ん坊
 2 乱暴な坊っちゃん
 3 ダブルバインド・ゲーム
 4 殴打しあう父母
 5 美しい母娘
 6 実父に愛想をつかす
 7 母はすべて「夢である」

第二章 “Be studious”(勉強するんだぞ)
 1 金之助武勇伝
 2 武士に二言なし
 3 塩原の殿様
 4 好んで漢籍を学びたり
 5 漢詩を見る、南画を読む
 6 迂路して大学予備門へ
 7 長兄との永別
 8 美しい囮
 9 落第から首席へ

第三章 文科大学の偉物「狂にくみせん」
 1 居移気説
 2 生徒にして私塾教師
 3 「真性変物」米山保三郎
 4 子規、絶倒す
 5 奇人マードックに食らいつく
 6 「F+f」の萌芽とスペンサー
 7 心といふ正体の知れぬ奴

第四章 たゞ一本の錐さへあれば
 1 嫂の死を句にする
 2 善悪二性共に天賦なり
 3 「送籍」と「催眠術」の文藻
 4 大学院生にして嘱託教員
 5 「何かしなければならん」と焦る
 6 円覚寺参禅と記者志望の挫折

第五章 松山・熊本の俳人教師
 1 松山の中学教師となる
 2 俳人「愚陀仏」デビュー
 3 結婚して熊本へ
 4 剣呑なる「人生」
 5 『トリストラム・シャンデー』
 6 寺田寅彦に俳句を説く
 7 『草枕』の女との交情、鏡子入水

第六章 ロンドンで世界を構想する
 1 俳句の進境と東西比較詩論
 2 英国留学
 3 「自己本位」へのコペルニクス的転回
 4 池田菊苗との対話から『ノート』の構想へ
 5 『ノート』の哲学――開化ハsuggestionナリ
 6 夏目、精神に異状あり
 7 「気狂になつて帰つた」?

第七章 東京帝大講師、小説家として登場
 1 『英文学形式論』と『サイラス・マーナー』
 2 予の周囲のもの悉く皆狂人なり
 3 『吾輩は猫である』の誕生
 4 ない腕を出してくれ
 5 やめたきは教師、やりたきは創作
 6 「木曜会」という極楽浄土
 7 「一夜」の連句的世界
 8 『オセロ』に斬り込む
 9 俳句的小説『草枕』の成功

第八章 「烈しい精神」の文学へ
 1 「オイラン憂ひ式」もいいが……
 2 「暗示」のリレー
 3 朝日入社と「文芸の哲学的基礎」
 4 時鳥厠半ばに出かねたり
 5 「彽徊趣味」から「推移趣味」へ
 6 「無意識の偽善者」の姉たち
 7 「囚はれる」三四郎
 8 運河のような小説――『それから』
 9 『門』の恋、その「うそ」
 10 修善寺の大患

第九章 「描いた功徳」が罪悪を清める
 1 博士号辞退問題
 2 道徳と芸術の一致――「文芸と道徳」
 3 「卑怯」の意味――『彼岸過迄』
 4 狂気ふたたび――『行人』の中断
 5 「罪」を書いて成仏――『心』
 6 「技巧」への囚われ――『道草』
 7 語り出す女たち――絶筆『明暗』
 8 「則天去私」と「泣いてもいいよ」

主要参考文献
あとがき
夏目漱石略年譜
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620