• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

変形性関節症 関節が老いたのか、関節軟骨の変性とはなにか

変形性関節症

関節が老いる、軟骨が老いる。年齢を超えて「歩く」ために、三人の関節外科医が軟骨の「変性」を解く

著者 伊藤 宣 監修・著
石島 旨章
岡崎 賢
ジャンル 社会
自然科学
シリーズ 自然科学 > シリーズ・骨の話 4
出版年月日 2017年01月20日
ISBN 9784623077236
判型・ページ数 4-6・368ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

「変形性関節症」とは関節が老いる病である。関節が老いるとは「軟骨」が老いる、ということである。この老いは誰にも止められない。というのは、軟骨は胎児の折に完成し、我々はそれを一生持って過ごすからである。軟骨はとても神秘的な存在である。本書では三人の関節外科医がその神秘に迫る。

序 章 変形性関節症、三つの事例

第1章 変形性関節症とはどのような病気か
 1 変形性関節症とは──異常を知るために正常を知る
 2 変形性関節症の症状──痛みと腫れ
 3 疫学からみる変形性関節症──運動器の病気として
 コラム ロコモティブシンドロームと変形性関節症

第2章 どのようにして変形性関節症を診断するのか
 1 典型的な症状と鑑別疾患──症状の進行から考える
 2 診察による診断──触診、徒手検査という手技
 3 画像診断──X線検査とMRI検査
 4 血液検査で変形性関節症はわかるのか──バイオマーカー、客観的評価をするために
 コラム 半世紀以上経過してもなお残る分類の不思議
 コラム 半月板と変形性膝関節症の関係

第3章 関節による違い
 1 全身のあらゆる関節が変形する──膝関節とその他の関節
 2 股関節──最も重要な関節として
 3 足関節、足部関節──怪我をしやすく複雑な関節
 4 上肢の関節──体重がかからなくても
 5 関節リウマチとの違い──どのように診断するのか
 コラム 骨壊死とはどのような疾患か
 コラム 離断性骨軟骨炎

第4章 関節軟骨変性のメカニズム
 1 関節軟骨の構造と役割──あまり働き者ではない軟骨細胞
 2 生体力学からみた関節軟骨──「うるおい成分」の正体、流体潤滑とリン脂質
 3 関節軟骨の成長と老化──胎児の軟骨から骨が生まれる
 4 関節軟骨変性の分子生物学的メカニズム──軟骨が壊れる時、サイトカインの命令
 コラム 外傷性変形性関節症

第5章 薬による治療
 1 炎症をとる薬──非ステロイド性抗炎症薬
 2 痛みをとる薬──弱オピオイド・痛みの脳への伝達を抑制
 コラム 貼付剤はどのように使うのか? 軟膏は効果がないのか?
 コラム ステロイドの関節内注射の推奨度

第6章 リハビリテーション、装具治療、関節注射
 1 変形性関節症におけるリハビリテーション──趣味の運動でもOK
 2 装具治療でなにが得られるのか──杖の魔術
 3 関節注射で得られるもの、得られないもの──“痛み”が軽くなったという錯覚でもOK
 コラム 変形性関節症であっても運動できる
 コラム 成長期のスポーツは将来のO脚のリスクになる?

第7章 手術療法
 1 関節鏡手術──切れたものを縫い合わせる
 2 骨切り術──匠の技、人工関節を考えるその前に
 3 人工膝関節置換術──歩けるという自信は気持が前向きになる
 4 人工股関節置換術──「手術をしたことを忘れる」自然な動きを得る喜び
 コラム 軟骨再生って今どうなっているの?
 コラム 各国の人工関節の事情

終 章 日本の未来の問題としてみんなで考える

参考文献
索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620