• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

渋沢栄一は漢学とどう関わったか 「論語と算盤」が出会う東アジアの近代

渋沢栄一は漢学とどう関わったか

漢学は、渋沢の活動を下支えした学知となった。稀代の経済人の行動原理となった思想の根底に迫る。

著者 見城 悌治 責任編集
飯森 明子 責任編集
井上 潤 責任編集
町 泉寿郎 編著
ジャンル 日本史
教育
シリーズ 日本史 > 渋沢栄一と「フィランソロピー」 1
出版年月日 2017年02月10日
ISBN 9784623077786
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

1909年、70歳を期に実業界から引退した渋沢栄一は、以後は道徳普及などの文化事業や民間外交に尽力し、漢学者・三島中洲(二松学舎の創立者)との交流によって生まれた『論語講義』や『論語と算盤』は国内外でも親しまれている。本書では、渋沢栄一と漢学塾・二松学舎に焦点を当てて、日本の近代化と「漢学」は相容れないものではなく、「漢学」という伝統的学知が近代日本の発展を下支えしたことを明らかにする。

 

[ここがポイント]
◎ これまで十分に検討されてこなかった、渋沢栄一と二松學舍との関係を解明。
◎ 渋沢栄一の論語理解についての評価のほか、中国・韓国との三国間の儒教交流のなかでの位置付けを探る。

シリーズ出版『渋沢栄一と「フィランソロピー」』(全八巻)刊行にあたって
はしがき

序 章 『論語と算盤』が結んだ実業家と二松学舎(木村昌人・町 泉寿郎)
 1 漢学は近代化の阻害要因か
 2 渋沢栄一の思想
 3 渋沢栄一の教育支援
 4 渋沢栄一と近代漢学

 第Ⅰ部 渋沢栄一の思想
第一章 「悲憤慷慨」の人、渋沢栄一(濱野靖一郎)
    ――「頼山陽」と武士のエートス
 1 江戸期の渋沢
 2 悲憤慷慨の士――「武士」への憧れ
 3 排外思想――水戸学の影響
 4 武士のエートス――頼山陽に私淑
 5 「節女阿正伝」の読解
 6 青年渋沢の自画像

第二章 『論語講義』再考(桐原健真)
    ――近代論語のなかの渋沢栄一
 1 近代論語の射程
 2 「儒学」から「漢学」へ
 3 否定される「西土の教」
 4 「聖人」から「人間」へ
 5 新たなナショナリティ
 6 『論語講義』の文化史的意味

第三章 近代中国の「孔教」論と『論語と算盤』(于 臣)
 1 『論語』解釈の諸相
 2 孔子学の二つの争点
 3 梁漱溟の「人生実践の学」
 4 渋沢栄一と梁漱溟からみる孔子学の争点
 5 渋沢栄一の『論語』読みと商工業立国思想
 6 梁漱溟の孔子学と「人生の三大路線
 7 梁漱溟の生命哲学と郷村建設理論
 8 孔子学の意義

 第Ⅱ部 渋沢栄一の教育支援
第四章 渋沢栄一を偲ぶ朝鮮の人々(朴 暎美)
    ――その「縁」と「脈」を中心として
 1 韓国における渋沢栄一評価の二面性
 2 渋沢栄一と朝鮮との「縁」と「脈」
 3 渋沢栄一を偲ぶ朝鮮の人々
 4 人間の顔をした資本主義

第五章 渋沢栄一による中国人留学生支援と日華学会(見城悌治)
 1 近代日中関係と渋沢栄一
 2 「支那留学生同情会」の設立とその活動――辛亥革命と留日学生
 3 「日華学会」の設立とその活動――留日中国人学生支援の実相
 4 渋沢栄一の中国への「想い」――中国人留学生・教育関係者などとの交流
 5 日中交流に渋沢栄一が果たした役割

第六章 女子教育の近代化と渋沢栄一(任 夢渓)
    ――「女大学」から日本女子大学の創設へ
 1 渋沢栄一と女子教育
 2 渋沢栄一の女性観および女子教育観の変遷
 3 女子教育事業に貢献した渋沢栄一――日本女子大学を中心に
 4 良妻賢母主義の影響

 第Ⅲ部 渋沢栄一と近代漢学
第七章 二松学舎と陽明学(町 泉寿郎)
 1 なぜ二松学舎と陽明学なのか
 2 三島中洲・山田準と渋沢栄一
 3 二松学舎と近代の漢学教育
 4 陽明学に関する三島中洲の言説
 5 東敬治の陽明学会
 6 三島と渋沢の共鳴のかたち

第八章 渋沢栄一の儒教活動(丁 世絃)
    ――聖堂保存・孔子祭典を中心に
 1 なぜ儒教に注目するのか
 2 孔子祭典会と渋沢栄一
 3 斯文会と渋沢栄一
 4 渋沢栄一の儒教精神

人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620