• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

ツーリズム・モビリティーズ 観光と移動の社会理論

ツーリズム・モビリティーズ

観光というモビリティに残された「痕跡」から、社会像を再構築するための視座を提示

著者 遠藤 英樹
ジャンル 社会
社会 > 観光
出版年月日 2017年03月10日
ISBN 9784623078783
判型・ページ数 A5・196ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

社会学における「移動」の重要性は、ジョン・アーリが「定住を前提とした社会」を軸に思考を展開する従来の社会学に疑義を呈した事から認識されるようになった。本書はその「移動」の中でも特に観光に着目したものである。観光を多くの人々の移動を生み出しグローバルな社会を現出させているものと捉え、観光社会学の視点から現代社会を考察した一冊。

 

[ここがポイント]
◎ 移動が社会に与える影響を丁寧に考察。
◎ グローバルな問題を「観光者のまなざし」を通してみる形で論を展開。

まえがき
序 章 人文・社会科学における「観光論的転回」——生成的なディシプリンへの呼びかけ
 1 刷新する人文・社会科学
 2 人文・社会科学における観光研究の流れ——真正性に関する研究を中心に
 3 the social as tourism
 4 人文・社会科学の「観光論的転回」へ


 第Ⅰ部 ツーリズム・モビリティと文化

第1章 モビリティ時代におけるポピュラーカルチャーと観光の相互接続——観光的磁場に惹かれるポピュラーカルチャー
 1 ポピュラーカルチャーの政治的無意識
 2 これまでのポピュラーカルチャー研究
 3 ポピュラーカルチャーにおけるソフト・パワーと観光
 4 ポピュラーカルチャー研究の「観光論的転回」
 5 グローバルな力学のもとにあるポピュラーカルチャーと観光

第2章 東京ディズニーリゾートの想像力——モバイルな現代社会のあり方を映し出す場所
 1 東京ディズニーリゾートという観光地
 2 「シミュレーション」の世界
 3 「シミュレーション」論を超えて
 4 「リアル/ファンタジー」「自由/管理(コントロール)」のメビウスの輪
 5 モノが歩く——アクター・ネットワーク理論の視点から


 第Ⅱ部 ツーリズム・モビリティと地域アイデンティティとダークネス
第3章 観光における「伝統の転移」——「合わせ鏡」に映る鏡像としての地域アイデンティティ
 1 観光と伝統の結びつき
 2 観光における「伝統の変容」と「伝統の創造」
 3 「伝統の転移」とは何か——「よさこい祭り」を事例に
 4 「合わせ鏡」に映る鏡像としての地域アイデンティティ——S.フロイトやJ.ラカンの議論を手がかりに
 5 地域アイデンティティのモバイル化——「オリジナルなき世界」を拡張する観光
 6 「地域で生きる」新たなかたちをめざして

第4章 社会的に構築される「ダークネス」——モバイルな世界において抑圧されたものの回帰としてのツーリズム・モビリティ
 1 「ダークツーリズム」とは何か
 2 「ダークツーリズム」の分類
 3 「ダークツーリズム」の何が新しいのか
 4 社会的に構築される「ダークネス」——観光というモビリティの文脈における「ローカリティ(地域)の政治性」
 5 モバイルな世界において抑圧されたものの回帰としてのツーリズム・モビリティ


 第Ⅲ部 ツーリズム・モビリティと再帰性

第5章 「虚構の時代の果て」における「聖なる天蓋」——恋愛と旅の機能的等価性
 1 恋愛と旅のゆくえ
 2 「理想の時代」「夢の時代」から「虚構の時代」へ
 3 恋愛という「聖なる天蓋」
 4 旅という「聖なる天蓋」
 5 モビリティが進化=深化した現代の聖性

第6章 グローバル時代の新たな地域研究——シンガポールを事例とした考察
 1 新たな地域研究
 2 観光産業に注目するシンガポール
 3 観光によって変貌するシンガポールの地域
 4 観光と地域の再帰性
 5 地域の実定性を問う観光


第Ⅲ部補論 「再帰性」のメディア——近代を駆動させるドライブとしての観光
 1 「再帰性」と観光
 2 「再帰性」とはいかなるものか——ジム・キャリーの映画作品を通して
 3 再帰的な近代
 4 観光の「再帰性」のレベル
 5 近代における「再帰性」のメディアとしての観光


終 章 モバイル資本主義を超える「遊び」=「戯れ」の可能性——観光の快楽をめぐる「外部の唯物論」
 1 観光の可能性
 2 快楽をめぐる「外部の唯物論」
 3 資本主義の内部にある観光の快楽
 4 〈可能態〉としての「外部の唯物論」
 5 モバイル資本主義を超えて

参考文献
あとがき
索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620