• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

恩人の思想 これから出る本 わが半生 追憶の人びと

恩人の思想

半生の中で恩人と呼べる三人――金倉圓照、神田龍一、藤井日達との関わりを回想し、思想形成の過程を考える

著者 山折 哲雄
ジャンル 哲学・思想
評論・自伝 > 自伝
シリーズ 哲学・思想 > セミナー・知を究める 2
出版年月日 2017年02月刊行予定
ISBN 9784623079896
判型・ページ数 4-6・250ページ
予価 本体2,800円+税
在庫 未刊・予約受付中
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

仏教思想を背景とした独自の思想で論壇をリードしてきた山折哲雄。齢八六を迎え、人というものを善悪や正邪で判断することはなくなった。そのかわり、関わりのなかで生まれた「人の恩」の大きさを改めて感じるという。人は一人で生きてはいけない。氏の半生での恩人と呼べる三人――金倉圓照、神田龍一、藤井日達との関わりを回想するとともに、氏の思想形成の過程を考える。

 

[ここがポイント]
◎ 善悪や正邪でない「人の恩」とはなにか。齢八六の著者が語りつくす。
◎ 山折哲雄氏の思想形成の源泉とはなにか。

はしがき
序章 三人の恩人
     ――金倉圓照先生・神田龍一さん・藤井日達上人
第一章 「恩人」という言葉
第二章 国破れて山河あり
第三章 坊の津への旅
第四章 鈴木学術財団へ
第五章 吐血・入院そして、春秋社へ
第六章 『人間蓮如』出版まで
第七章 「ナムミョーホーレンゲキョウ」
第八章 藤井日達上人とは
第九章 藤井日達上人の思想行動
第十章 インドの匂い
第十一章 善人・悪人・恩人
第十二章 漱石の『虞美人草』と『こゝろ』
終章 「恩」という債務を最大限背負う
あとがき
人名・事項索引 

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620