• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

〈交感〉 自然・環境に呼応する心 新刊

〈交感〉 自然・環境に呼応する心

「自然―人間の関係学」への多面的アプローチ。その学的展開を世に問う。

著者 野田 研一 編著
ジャンル 哲学・思想
文学・言語
出版年月日 2017年03月31日
ISBN 9784623079933
判型・ページ数 A5・460ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

人類は自然との心的・非物質的な交感関係をつねに生きてきたのではないか。近代社会はそのような交感関係を失うか、もしくは切り捨てる世界に突入したのではないか。
本書は自然と人間のあいだに生成・形成される交感という現象を多面的に浮き彫りにする試みである。〈交感論〉を「自然―人間の関係学」を思考する環境学の一分野として位置づけ、その学的展開を世に問う。環境に関心問題のある一般読者にもおすすめの一冊。

 

[ここがポイント]
◎ 文学・歴史学・人類学の研究者、作家・詩人・探検家による執筆。
◎ 〈交感論〉という概念から環境学へ。
◎ 環境問題に関心のある一般読者にもおすすめの一冊。

序 論 交感と反交感――「自然―人間の関係学」のために(野田研一)
 1 交感の学にむけて
 2 自然の心的な価値を測る
 3 世界はヒエログリフ――交感の原理
 4 交感、変身、他者性
 5 脱テクスト化の戦略――エドワード・アビー
 6 反〈交感論〉的視座



 第Ⅰ部 交感論


  一 応答

第1章 痕跡の風景〈苦海浄土〉三部作における関係の世界(結城正美)
 1 〈存在〉の世界から〈関係〉の世界へ
 2 痕跡の思考
 3 見えざる風景
 4 「復原」が示唆するもの――交感と環境人文学

第2章 「場所」との交感――崎山多美と「シマ」の想像力(喜納育江)
 1 他者としての場所/場所にとっての他者
 2 崎山多美と「シマ」をめぐる想像力
 3 狭間ボーダーとしての「シマ」との交感

第3章 「わたし、キティ」ワークショップ――生命の表象、あるいは人間なるものの再定義(中川僚子)
 1 人間と人間であらざるものとの境界
 2 第一回「キティは気にしない」
 3 第二回「キティはあなたの救いであり、死でもある」
 4 第三回「だまされたいと欲しているから、だまされるの」

第4章 ソローにおける事実の開花と真理としての経験(フランソワ・スペック[訳:関根全宏])
 1 高次のリアリティ
 2 エマソン主義を超えて
 3 経験の真理
 4 〈実体〉対〈影〉
 5 例証としての経験


  二 ことば

第5章 交感と心象スケッチ――脱人間化と逆擬人法(矢野智司)
 1 交感の体験をそのとおり書きうつした言葉
 2 自己と他者
 3 「感ずる」ことと心象スケッチ
 4 「こゝろ」と現象
 5 現象を正しく書きうつす言葉の変容と異なる歴史の発見
 6 第四次延長のなかでの主張

第6章 鉄柵のなかの/むこうの〈自然〉――日系アメリカ人強制収容所における自然表現(北川扶生子)
 1 私と自然をつなぐもの
 2 閉じこめられて生きること
 3 幻想の〈日本〉、つくりかえられる〈日本〉
 4 戦場から収容所へ――兵士が見た自然
 5 境界をつくる言葉、境界をすりぬける言葉

第7章 反復から〈交感〉へ――石牟礼道子の言語世界(山田悠介)
 1 石牟礼道子の「言葉」へ
 2 おもかさまとみっちんのやりとり
 3 母の言葉と「七つの子」
 4 人と、人ならざる存在との「コミュニケーション」
 5 「反復」と〈交感〉

第8章 Mana交 感、儀礼、魔法のフォーミュラ――現代エコクリティシズムの所在/彼岸(浅井優一)
 1 ウィルダネス、その所在の転回
 2 儀礼論の系譜
 3 今ここの神話、あるいは死にゆく神
 4 南太平洋のアニミズム
 5 脱・転回、脱・人間主義


  三 コスモロジー

第9章 「山の身になって考える」――汎神論的交感と生態学的交感(河野哲也)
 1 環境哲学と日本の問題
 2 自然環境の経験と思想
 3 山の身になって考える
 4 生態学的交感
 5 自然における人間の地位
 6 ディープ・エコロジーの経験

第10章 人はトリを食べ、トリは動物を助ける――ボルネオ島プナンの〈交感〉の民族誌のための雑記(奥野克巳)
 1 人間とトリが織りなす世界
 2 ヒト、トリを食べ、トリを悼み、トリを聞く
 3 トリ、実りを告げ、動物を助ける
 4 〈交感〉の民族誌に向けて

第11章 未知なる囁きへの欲求――鴉鳴占卜にみる交感の諸相とアジア的繫がり(北條勝貴)
 1 はじめに――闇のなかの野生
 2 『開元占経』禽占――漢系占書のなかの鴉鳴①
 3 鳥語と鳥情占――漢系占書のなかの鴉鳴②
 4 敦煌文書鴉鳴占卜書の周辺
 5 おわりに――烏をみる/鳥にみられる



第Ⅱ部 交感幻想


  声

1 石の声は聴こえるか(崎山多美)
2 誰が歌ったのか?――風聞の身体、名もなき実在論リアリズム、あるいは奄美群島の宮澤賢治(今福龍太)
3 老い・自然・詩(小池昌代)
4 木の匂いを嗅ぐ者(Tree-smeller)!(スコット・スロヴィック[訳:藤原あゆみ]


  喩

5 『源氏物語』の「交感」小考――篝火の巻、玉鬘物語をめぐって(原岡文子)
6 加藤幸子の交感世界――『池辺の棲家』の源流(山本洋平)
7 〈交感〉する詩学――『白鯨』における〈私〉と海(関根全宏)
8 交感のチャネル(髙野孝子)


  森

9 新約、日光山。――一本の木を巡る交感風景(宮嶋康彦)
10 森との〈交感〉――フォークナーの「熊」、近代以前のまなざし(竹内理矢)
11 森のなかで「インタープリター」という仕事をしながら考えた「交感」(川嶋 直)
12 森を抜ける――空洞小譚(中村邦生)



索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620