• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

日本経済史

日本経済史

江戸から明治・大正・昭和のダイナミズム、高校の歴史から架橋する入門書。初学者がまずはじめに読む1冊

著者 石井 里枝 編著
橋口 勝利 編著
ジャンル テキスト > 経済 > 日本経済史
経済
シリーズ 経済 > MINERVAスタートアップ経済学 5
出版年月日 2017年04月30日
ISBN 9784623079483
判型・ページ数 A5・352ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

経済を通して、日本の歴史を俯瞰すると見えてくる景色とは何か。江戸時代の経済の仕組みから、開港、産業革命、2つの大戦、戦後復興、そして高度経済成長から現代日本へのダイナミズムをわかりやすく解説する。高等学校の歴史学習からの架け橋となるべく、学ぶべきポイントを整理。
初学者がまずはじめに読む日本経済史の入門書。

 

[ここがポイント]
◎ 高等学校の日本史、世界史から架橋する日本経済史。
◎ 写真、表、グラフを多用し、ビジュアルでも分かりやすい日本経済史入門。

はしがき(石井里枝/橋口勝利)


序 章 日本経済史を学ぶ(石井里枝)


 第Ⅰ部 近世から近代へ

第1章 江戸時代経済の展開(高橋 周)
 1 江戸時代経済を知るために
 2 江戸時代経済の仕組み
 3 250年間の展開
 4 緩やかな発展の成果と限界

第2章 江戸の終焉と新たな経済秩序の模索(加藤健太)
 1 開港と居留地貿易
 2 幕末の経済危機と幕府の対応
 3 維新政府の財政改革と近代産業の黎明
 4 大隈財政と産業振興
 5 インフレーションの激化と政策転換
 Column
  1 外資の排除と炭鉱経営――高島炭鉱問題とその帰結
  2 近代製糸業の勃興――富岡製糸場の挑戦

第3章 近代産業の発達(石井里枝)
 1 松方財政の展開と経済財政政策
 2 官有物払下げと民間企業の発展
 3 企業設立ブームと近代産業の発達
 4 鉄道業の発達
 5 近代企業の発展と会社制度の発達

第4章 日清・日露戦争と日本経済(石井里枝)
 1 日清戦争の開戦と日本
 2 日清戦争の勝利と国際秩序の変化
 3 日清戦後経営
 4 金本位制の確立と条約の改正
 5 日露戦争の開戦と日本経済
 6 日露戦後経営と日本経済


 第Ⅱ部 近代日本の成長

第5章 第一次世界大戦と輸出ブーム(高橋 周)
 1 欧州大戦の勃発
 2 貿易の拡大
 3 輸出関連産業の発達
 4 輸入代替と内需向け産業の発達
 5 社会の変化
 6 大戦の遺産と宿題

第6章 恐慌と生活様式の変容(加藤健太)
 1 バブル崩壊
 2 震 災
 3 金融恐慌
 4 経済成長
 5 モダンライフ
 Column
  3 地下鉄の誕生

第7章 満州事変と景気回復(橋口勝利)
 1 日本の国際環境
 2 井上財政と金本位制復帰
 3 昭和恐慌と2つの誤算
 4 高橋財政と景気回復
 5 産業構造の変化
 6 貿易摩擦と日本の孤立
 7 高橋財政の限界
 Column
  4 「金解禁」と井上準之助

第8章 戦時統制経済とアジア・太平洋戦争(橋口勝利)
 1 日本の国際環境
 2 統制経済の拡大
 3 アジア・太平洋戦争と日本経済
 4 大東亜共栄圏とアジア諸国
 5 国民の暮らし
 6 敗 戦
 Column
  5 ポツダム宣言と現代日本


 第Ⅲ部 戦後復興と現代

第9章 戦後経済改革と経済復興(岸田 真)
 1 終戦時の日本経済
 2 連合国による占領と経済民主化政策
 3 終戦直後の経済政策――インフレーションと生産復興
 4 ドッジ・ラインと日本の国際社会への復帰
 5 高度経済成長前夜の日本経済
 Column
  6 終戦直後の国民生活と大衆消費社会の復興
  7 ブレトンウッズ体制
  8 戦後電力再編と9電力体制

第10章 高度成長と消費社会の成立(加藤健太)
 1 内需主導の経済成長とマクロ経済政策
 2 重化学工業化と国際競争力の構築
 3 生活革命と洋風化
 4 小売企業の成長と流通革命
 5 消費単位としての家族
 Column
  9 対立から協調へ――労使関係を転換させた三池争議
  10 貿易・為替の自由化と資本自由化

第11章 貿易摩擦と「経済大国」化(奥 和義)
 1 国際経済環境の大きな変化
 2 日本の産業発展と構造変化
 3 貿易摩擦とプラザ合意
 4 「経済大国」日本
 Column
  11 日本的経営の評価
  12 プラザ合意

第12章 バブル経済とその後(奥 和義)
 1 国際環境
 2 バブルの形成と崩壊
 3 課題に直面した日本経済
 4 21世紀の国際経済と日本
 Column
  13 繰り返されるバブル


終 章 現代日本経済の課題(橋口勝利)
 1 通史としての日本経済史
 2 現代日本への道筋
 3 現代日本を考えるために
 4 現代日本の課題


引用文献
索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620