• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

薬害エイズで逝った兄弟 12歳・命の輝き 

薬害エイズで逝った兄弟

血友病の患者に投与された非加熱血液製剤が、HIVへの感染を招いた……兄弟2人の命の軌跡をたどるルポルタージュを復刊

著者 坂上 博
鈴木 英二
ジャンル 教育
社会福祉
シリーズ 社会福祉 > シリーズ・福祉と医療の現場から 2
出版年月日 2017年05月20日
ISBN 9784623080526
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

1980年代、血友病の患者に投与された非加熱血液製剤が、HIVへの感染を招いた「薬害エイズ」問題。この薬害エイズにより、ともに12歳で亡くなった二人の兄弟がいた。当時、二人の遺族に取材したルポルタージュの復刊。2016年には、遺族・被害者と国・製薬会社の裁判の和解が成立してから20年の節目をむかえた。この20年で薬害はどのような歩みをたどったのか、悲劇を繰り返さないためにはどうすればよいか、考えるきっかけとしてほしい。

 

[ここがポイント]
◎ 読売新聞記者の丁寧な取材によるルポルタージュ。
◎ 薬害エイズ裁判の和解が成立してから20年の節目。
◎ 最新の事項を盛りこんだ薬害エイズ関連年表を収録。
◎ 当初から薬害エイズに関心を寄せてきたジャーナリスト・櫻井よしこ氏による寄稿。

兄弟の作品(巻頭カラー口絵)

はじめに
悲しみをのりこえて……(ジャーナリスト 櫻井よしこ)

第一章 遺作展
  兄弟合作
  命の輝き

第二章 誕生
  広太
  健

第三章 運命
  血友病
  報道
  信友会

第四章 感染
  検査
  医科研

第五章兄弟
  笑顔の広太
   【広太の世界】
  兄を慕う健
   【健の世界】
   【兄弟・家族】

第六章 広太の死
  「お母さん……」
  兄の死

第七章 闘病
  冒険
  インドへ
  告知
  一心不乱

第八章 健の死
  新居
  生命のともしび
  帰宅

第九章  決意
  語る
  周囲の反応

第十章  責任
  質問状
  モラル
  未提訴

第十一章 偲ぶ会
  遺稿集
  証

第十二章 出発
  生と死の意味
  炭鉱のカナリア

出版にあたって 忠地佐代子
年表
あとがき

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620