• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

ヒューマン・グループ 新刊 人間集団についての考察

ヒューマン・グループ

人が集まる場における行動原理とはいかなるものか。小集団理論の古典的名著、新訳がついに刊行。

著者 G. C. ホーマンズ
橋本 茂
ジャンル 社会
シリーズ 社会 > MINERVA 社会学叢書 53
出版年月日 2018年09月30日
ISBN 9784623078462
判型・ページ数 A5・540ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

本書は、アメリカの社会学者G・C・ホーマンズの古典的名著の翻訳である。彼は理論構築のために5つの有名なフィールド調査(ホーソン実験での作業集団、ストリート・コーナー・ソサエティのギャング団、未開社会ティコビアの家族、生活共同体であるタウン、現代的な企業集団)を厳選して精読、彼独自の概念図式を用いて、多様な集団が《ヒューマン・グループ》として共通して持つ特徴を一連の経験則として要約している。1950年に出版された際、集団の一般理論の構築を目指す革新的な理論書として注目された。今日においても、システム論、ネットワーク論、組織論、経営論に、さらには、科学論に大きな影響と活力を与え続けている。[原著 George Caspar Homans et al., The Human Group(1951 by Routledge & Kegan Paul Ltd.)]

 

[ここがポイント]
◎ 誠信書房で1959年に翻訳されてロングセラーになっていた名著の全面改訳版である。

トランザクション版序論
『ヒューマン・グループ』の意義(アレキサンダー・ポール・ヘアー)
伝記と理論の成長(リチャード・ブリアン・ポリー)

はじめに(ジョージ・カスパー・ホーマンズ)

第1章 計画と目的
  なぜ集団を研究するか
  新しい総合
  社会学的理論
  どんな種類の理論か
  いかに理論は構築されるか
  抽象化の問題
  臨床科学と分析科学
  理論構築の規則
  社会科学と文学
  プレゼンテーションの方法
  事実の理論からの分離
  必要な人間的資質

第2章 行動の要素
  ある単一集団での出来事
  慣 習
  概念の定義
  活 動
  相互作用
  感 情
  ソシオメトリー
  要 約
  概念の有用性

第3章 端子盤配線観察室 
  研究計画
  計画の実施
  作業組織
  支払いの方法
  産出高状況
  社会的組織
  個人のパーソナリティ
  集団の規範
  当研究の完了

第4章 外的システム
  集団の定義
  システムと環境
  環境の性質
  外的システム
  感 情
  活 動
  相互作用
  対関係
  感情と活動の相互依存
  活動と相互作用の相互依存
  相互作用のピラミッド
  結 論

第5章 内的システム――全体としての集団
  集団行動の精緻化
  相互作用と感情の相互依存
  仮説の性質
  感情と活動の相互依存
  活動と相互作用の相互依存
  精緻化と標準化
  規 範
  文 化
  規範と行動の関係
  通念あるいは価値
  技術的、社会的、宗教的システム

第6章 内的システム――集団内での分化
  外的システム
  相互作用と感情の相互依存
  感情と活動の相互依存
  活動と相互作用の相互依存
  象徴記号体系
  パーソナリティ
  社会的ランク付け
  社会的ランク付けと活動
  社会的ランク付けと相互作用
  派閥以外での社会的ランク付け
  社会的ランク付けとリーダーシップ
  内的システムの外的システムへの反作用
  フィードバック
  適 応

第7章 ノートン・ストリート・ギャング団 
  研究の方法
  ギャング団のメンバー
  ギャング団の組織
  ボーリング
  リーダーシップ

第8章 リーダーの位置
  環境の影響
  内的システム――全体としての集団
  集団内の分化――活動と感情の相互依存
  感情と相互作用の相互依存
  相互作用と活動の相互依存
  内的システムの環境への反作用

第9章 ティコピアの家族
  未開社会における親族関係
  レイモンド・ファースの研究
  ティコピア島
  村
  地 域
  ティコピアの経済
  土地保有権
  家
  世 帯
  対人関係
  夫と妻
  父親と母親と息子と娘
  兄弟たち
  兄弟と姉妹
  祖父母と孫
  父親の姉妹と兄弟の息子
  母親の兄弟と姉妹の息子
  交差イトコ
  義理の兄弟
  類別的親族関係
  「家」と氏族

第10章 対人関係のシステム
  外的システム――感情と活動の相互依存
  活動と相互作用の相互依存
  内的システム――序論
  相互作用と感情の相互依存――対等者間の関係
  上司と部下の間の関係
  三人以上の人の間での関係
  母親の兄弟
  トロブリアンド諸島における母親の兄弟
  親族関係のマトリクス
  感情と活動の、活動と相互作用の相互依存
  親族関係の拡大
  規範と社会的ランク
  機能理論
  内的システムの外的システムへの反作用
  現代の都市家族

第11章 社会統制
  社会統制と法の社会学
  事例――互酬性の統制
  事例の分析
  実際的変化と仮想的変化
  分配過程としての社会統制
  もう一つの事例――産出高統制
  産出高制限
  均 衡
  均衡からの演繹
  儀式としての罰
  要 約

第12章 個人と集団
  集団と精神的健康
  社会契約論
  社会鋳型論
  両理論の調停
  マリノフスキーの呪術論
  ラドクリフ=ブラウンの呪術論
  両理論の調停
  文化とパーソナリティ
  自由の問題

第13章 社会的不統合――ヒルタウン
  動学的研究
  社会変動の諸タイプ
  ヒルタウン
  ヒルタウン――初期の様相
  19世紀における経済的変化
  教会の分裂
  19世紀における社会生活
  20世紀における経済的変化
  政治的問題と宗教的問題
  社会生活
  分 析
  環 境
  外的システム
  内的システム
  規範と社会的階級
  社会統制

第14章 電気機器会社
  問 題
  調査の方法
  会社における規範と意見
  経営陣の態度と設計技術者の態度
  設計委員会への態度
  会社組織の改組――第一段階
  会社組織の改組――第二段階
  会社組織の改組――第三段階
  予備的分析
  社長の権威
  新しいライン組織
  スタッフ―ライン関係
  仕事の流れ関係
  要 約
  調査員の勧告

第15章 社会的対立
  会社とその環境
  外的システム
  内的システム――社会的ランク
  感情と規範
  外的システムへの反応

第16章 リーダーの任務 
  命令と規範
  権威と統制
  動的均衡
  リーダーの行動

第17章 要 約 
  理論の任務
  仮説の性質
  仮説の体系
  要素の値
  「与件」要因
  創出的進化
  社会統制
  社会変動

第18章 集団と文明
  集団と社会的凝集
  文明の誕生
  衰退と没落
  集団の解体
  新しい集団
  集団対立
  周流とコミュニケーションと統制
  デモクラシー
  問題の解決


解 説
訳者あとがき
人名および文献索引 
事項索引

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461