• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

ようこそ、認知症カフェへ 新刊 未来をつくる地域包括ケアのかたち

ようこそ、認知症カフェへ

認知症とともに豊かに生きていく風景が見えてくる……著者が実際に活動し来店者やスタッフと交流した中からエッセンスをお伝えします

著者 武地 一
ジャンル 社会福祉
出版年月日 2017年05月15日
ISBN 9784623080250
判型・ページ数 4-6・276ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

認知症カフェでは、こんな声も聞こえてきます……
「オレンジカフェまで1人で来る途中、道に迷ったが1人で来られて自信がついた。負けてたまるか」
「いろんな人とお話ししながら、これからの生きかたについて、考えたい」
「ここは、一緒の病気を持っている人が来ているという安心感がある」
この1冊で、気になる認知症カフェのことがまるごとわかります!

認知症の人と家族、地域住民、専門職など、誰もが参加でき、集う場としての認知症カフェ。全国でさまざまな取り組みが行われています。その中で、スタッフがどのようなことを学び、具体的にどのような工夫を行っていけばよいのかなど、多くの質問を受けてきました。著者が実際に活動し来店者やスタッフと交流した中からエッセンスをお伝えします。先進的な3つのカフェにも、途中でのつまずきなども含め報告いただいています

 

[ここがポイント]
◎ 著者は日本における認知症カフェ設立の第一人者。
◎ 専門職の人びとだけではなく、一般のボランティアの支援者や当事者家族にもわかるように書いた認知症ケアの入門書。
◎ コラムやQ&Aを入れ、実践現場の悩みにも対応。

はじめに


1 認知症カフェという時間と空間

 席に座って店内を眺めてみると
・カフェの雰囲気
・カフェの1日のスケジュール
・カフェの仕組み
・カフェでの会話
・カフェの意義

 認知症の人や家族のカフェでの過ごしかた
・認知症の人の様子
・認知症の人の家族の様子
・認知症の人の家族同士での交流
・認知症の人と家族が一緒に参加すること

 カフェでのスタッフの姿とチームワーク
・スタッフの構成
・ボランティアスタッフの可能性
・ボランティアスタッフとカフェ運営
・スタッフのかかわりかた
・スタッフ同士の協力、連携、情報共有
・開店前と閉店後のスタッフミーティング
・カフェの専門職

 Q&A 認知症カフェの開設・運営に関する疑問にお答えします
・認知症カフェのグランドデザイン
・どのように参加を希望するボランティアを募ってくるのか
・スタッフ研修について
・ボランティアスタッフとの取り決め
・カフェ運営の母体や専門職・コーディネーター
・運営費用、収入と支出
・カフェの広報 
・参加人数の調整
・カフェと地域資源の連携 
・通う範囲や場所の選びかた
・年間の取り組みや、実施記録・個人記録
・小さなことへのこだわり
・カフェでの見通しの立てかたや効果、サロンとの違い


2 学ぼう! 認知症カフェスタッフとしての心得

 認知症の人とのかかわり
・「介護してあげる」という一方的な気持ちではなく、友人として一緒に楽しもうとしていますか?
・遠隔記憶(昔のことなど)と近時記憶(最近のことや10分前のこと)の違いを理解して、本人と会話をすることができますか?
・疾患の種類や重症度を意識して、本人へのかかわりや会話、助言、同行ができますか?
・病識の有無や程度を理解して、本人へのかかわりや会話などができますか?
・本人の得意なことや興味があることを引き出すことができますか?
・本人の不安感を意識し、安心を与えるような会話やかかわりができますか?

 認知症の人の家族とのかかわり
・認知症の人を見守る家族の気持ちを理解し、家族が話したいと思えるような傾聴ができますか?
・家族の認知症症状への理解が不十分な場合、病気の特徴や接しかたをアドバイスできますか?
・家族が困っていることに対し、助言ができますか?
・介護保険サービス利用や地域資源などに関して適切なアドバイスができますか?
・認知症の人だけではなく、家族の健康や生活について配慮できていますか?

 認知症の人と家族双方へのかかわり
・認知症の人と家族の相互関係について理解して、両者がよい関係になるようにコーディネートができますか?
・ 家族が、日々の生活の中で、従来認知症の人がしていた役割を担っていることを理解し、心理的支援や助言ができますか?

 認知症について、このようなことも心得ておこう
・中核症状と行動・心理症状をきちんと理解して、治療期間や治療目標についてアドバイスすることができますか?
・認知症の人に良い状態と悪い状態があることを意識し、その状態が周囲の人の理解や接しかたによって変化することを理解できていますか?
・認知症の人や家族などに、認知症カフェやその他の地域資源の情報が届いていない場合などもあることに気がついていますか?
・若年性認知症の本人・家族の特別な心境や制度利用について知識を持ち、かかわることができますか?
・ボランティア同士の考え方が異なるとき、ときには他者のやりかたに従ってみようと思うことはできますか?
・地域の人々のニーズをくみ取り、認知症についての地域啓発に大切な助言を行うことができますか?


3 聞いてみよう! 様々なカフェのかたち

 大分県 由布のカフェ
 岐阜県 恵那のカフェ
 京都府 宇治のカフェ


4 認知症カフェに必要な医療・ケア・施策の基礎知識

 そもそも「認知症」ってどんな病気だろう?

 もの忘れだけじゃない? 認知症の様々な症状
・近時記憶障害
・実行機能障害
・視空間認知障害、構成障害、失行
・失語
・生活機能障害
・周辺症状(行動・心理症状)

 認知症かなと思ったときに受ける検査

 認知症を起こす様々な原因

 時期によって変化する、認知症との向きあい方
・正常加齢から軽度認知障害(認知症予備軍)の時期
・MCIから認知症の軽度・中等度の時期
・重度・最重度の時期

 発症年齢によって、想いや暮らしも異なる
・若年性認知症と若年性アルツハイマー型認知症
・高齢期の認知症

 認知症の薬って、どんなものがあるの?
・抗認知症薬
・認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)の治療
・非薬物療法
・認知症以外で服用している薬について

 思わぬ「認知症予防」の落とし穴

 地域で力をあわせて! 認知症ケアパスの仕組みを知ろう
・ケアパスから見た認知症カフェ
・地域包括ケアと認知症ケアパス
・認知症ケアと家族力・地域力


おわりに

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620