• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

決断力にみるリスクマネジメント

決断力にみるリスクマネジメント

「決断力」をキーワードに、具体的な事例(ケース)を通して、リスクマネジメントの意義やリスクへの対処の仕方を学ぶ。

著者 亀井 克之
ジャンル 経営
シリーズ 経営 > シリーズ・ケースで読み解く経営学 3
出版年月日 2017年07月25日
ISBN 9784623080595
判型・ページ数 4-6・308ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

企業にとって、「リスク」とは利益を損なうネガティブなイメージがつきまとうが、「リスクマネジメント」の分野においてはそうとは限らない。あえてリスクを取ることで、事業を拡大することも可能なのである。本書では「決断力」をキーワードに、具体的な事例(ケース)を通して、リスクマネジメントの意義やリスクへの対処の仕方を学ぶ。企業に関わるすべての人にとって、リスクマネジメントが必要であることがわかる一冊。

 

[ここがポイント]
◎ 経営学の観点からリスクマネジメントを解説
◎ ソーシャルリスク(社会的なリスク)への適切な対応が学べる
◎ トップの決断ミスに対応する現場に参考となる事例が豊富に掲載

はじめに──リスクマネジメントの流れのなかから

序 章 リスクマネジメントの基本フレーム
 1 リスクマネジメントの本質
 2 決断こそリスクマネジメントの原点
 3 リスクとリスクマネジメントの意義
 4 リスクの要素
 5 危機管理とリスクマネジメントの考え方
 6 リスクマネジメントの国際規格
 7 リスクマネジメントのプロセス
 8 リスクマネジメントの2つのC
 9 ジレンマにおける決断


第1章 危機管理とリーダーシップ

[ケース 1]タイレノール事件と経営トップの対応――ジョンソン・エンド・ジョンソン(アメリカ)
 1 看板商品の信頼を揺るがした危機
 2 経営理念に基づき、企業の社会的責任を果たす
 3 都合の悪い事実の否認が、企業を凋落させる
 4 事件の再発と経営トップがみせた対話の姿勢

[ケース 2]日産・三菱自動車の再建とゴーン流危機管理――日産・三菱自動車(日本)
 1 カルロス・ゴーンのリスクマネジメント
 2 ミシュラン、ルノーでそれぞれ手腕を発揮し、日産へ
 3 ゴーン流危機管理術とは
 4 三菱自動車の立て直しに向け、再度立ち上がるゴーン

[ケース 3]雪印による集団食中毒事件と経営トップの失態――旧雪印乳業(日本)
 1 タイレノール事件とは対照的な失敗事例
 2 大阪工場の低脂肪乳で1万4000人超に被害
 3 大樹工場の停電と現場の対応
 4 トップの意識が社風を醸成し、リスクを生みだす


第2章 経営者リスクとマネジメント

[ケース 4]大王製紙の特別背任事件から学ぶ経営者リスクと対策――大王製紙(日本)
 1 国内第3位の規模を誇った製紙会社に起こった不祥事
 2 100億円以上を不正に貸付
 3 会計監査人、監査役の姿勢にも問題
 4 経営者リスクに対する亀井利明の提言

[ケース 5]東芝の不正会計問題と当事者のあるべき姿勢――東芝(日本)
 1 企業統治の優等生といわれた会社の不正会計事件
 2 不正会計が次々に露呈、修正金額は2000億円超に
 3 目先の業績を重視し、保身に終始した顚末
 4 収益性の背後に潜み、見失っていた原子力リスク
 5 経営陣を刷新し、信頼回復めざす


第3章 事業承継とリスクマネジメント

[ケース 6]大塚家具の経営権をめぐる一連の騒動と対立――大塚家具(日本)
 1 経営権をめぐり親子が対立
 2 対立は法廷へ、現在も続く対立
 3 超長寿企業の多くは「ファミリー経営」

[ケース 7]モンダヴィのフランス撤退と事業承継への影響――ロバート・モンダヴィ・ワイナリー(アメリカ)
 1 事業継承の失敗
 2 企業買収とグローバル化
 3 反対勢力の台頭とモンダヴィの撤退
 4 事業承継でも明暗を分けた両者
 5 フランスにおける中小企業への事業承継政策

[ケース 8]日本の老舗企業における事業承継の事例
 1 後継者不足による廃業のリスク
 2 一人一業かつ長子相続にこだわらず「300年企業」に
 3 大阪の企業家から学ぶ事業承継とリスクマネジメント


第4章 健康経営とリスクマネジメント

[ケース 9]サンスターの 「健康道場」 を中心とした全社取り組み――サンスター(日本)
 1 社員の健康リスクを会社として回避する
 2 健康バランスを取り戻す宿泊指導プログラム
 3 口腔ケアによる健康リスクマネジメントの提唱

[ケース 10]中小企業経営者のメンタルヘルス――日仏の事例
 1 ストレスチェック制度とリスクマネジメント
 2 メンタルヘルスを伝統的リスクマネジメント理論で考える
 3 中小企業経営者の健康問題


第5章 大地震の発生と企業のリスクマネジメント

[ケース 11]阪神・淡路、東日本大震災の発生とリスク対応
 1 地震大国日本における災害リスク
 2 阪神・淡路、東日本大震災が企業経営に及ぼした影響
 3 カルロス・ゴーンによる日産のリスクマネジメント体制
 4 ジャスト・イン・タイム方式を揺るがした「災害」
 5 3・11で浮き彫りとなったリスクマネジメント上の課題と教訓
 6 TEDxTohokuにみるリーダーたちの群像

[ケース 12]熊本地震と企業のBCP対応――ルネサスエレクトロニクス(日本)など
 1 2016年に九州で発生した地震
 2 中小企業BCPの意義


第6章 情報管理に関するリスクマネジメント

[ケース 13]ベネッセコーポレーションにおける情報管理体制――ベネッセコーポレーション(日本)
 1 データベースからの個人情報漏えい事件
 2 流出元は「グループ会社が業務委託していた会社の元社員」
 3 性善説に基づく対応の不備
 4 不明確な責任所在と情報に対する軽視
 5 一番重要なものを守るためのリスクマネジメントを

[ケース 14]日本年金機構へのサイバー攻撃と対応の失敗――日本年金機構(日本)
 1 サイバー攻撃による個人情報流出問題
 2 たった1台のウイルス感染で、125万件の個人情報が流出
 3 個人レベルで済まない「情報セキュリティの知識不足」
 4 リスク感性を高めるためにも特定・想定を

[ケース 15]みずほフィナンシャルグループにおける2度の大規模システム障害――みずほフィナンシャルグループ(日本)
 1 メガバンクで発生したシステム障害
 2 ベンダー、銀行とも「顧客不在」の議論が根底に


第7章 経営戦略に関するリスクマネジメント

[ケース 16]第一 三共による海外M&A事案とその教訓――第一三共(日本)
 1 M&Aに備え統合を進める
 2 ランバクシーの株価が一気に下落
 3 「安全弁」の不備が損失を拡大

[ケース 17]新車の共同開発に踏み切ったルノーの決断と結果――ルノー(フランス)
 1 リスクをとったルノー
 2 戦略的提携に成功もマトラは操業停止に
 3 投機的リスクは調査・確認のうえで保有する


第8章 企業の不正とリスクマネジメント

[ケース 18]フォルクスワーゲン・三菱自動車にみるデータ不正問題――フォルクスワーゲン(ドイツ)、三菱自動車(日本)
 1 世界に突如広がったデータ不正疑惑
 2 VWの翌年には三菱自動車がデータを改ざん
 3 経営陣の判断がリスクに

[ケース 19]横浜マンションにおける大規模建て替え問題――三井不動産レジデンシャル、三井住友建設、旭化成建材(日本)
 1 新築マンションの耐震性が意識されるなか発覚した事件
 2 常識的に行われていたデータ流用
 3 発注した側の責任
 4 「リスクの特定(調査・分析)」の教育による意識改革が急務

[ケース 20]エンロンの不正会計問題とコーポレートガバナンス――エンロン(アメリカ)
 1 インフラを扱う会社の不正問題
  急成長は、レーガノミクスの規制緩和にあり
 3 不正疑惑からわずか2か月で倒産へ
 4 経営者のモラル欠如とソーシャルリスク


インタビュー・講演・関連年表

インタビュー・講演
 スポーツによる地域イノベーションを決断(アルビレックス新潟 取締役会長 池田弘)
 撤退の決断、勇気ある前進(アドバンスクリエイト 代表取締役 濱田佳治)
 仕事への情熱こそが最大のリスクマネジメント(イヴレス 代表取締役社長 山川景子)

関連年表
おわりに
さらに学びたい人のための図書案内
索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620