• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

競争的権威主義の安定性と不安定性 新刊

競争的権威主義の安定性と不安定性

競争的権威主義体制の安定性/不安定性は何に由来するのか、また概念そのものが実際の対象分析でどの程度有用か、等の視点から考察

著者 日本比較政治学会
ジャンル 政治・法律
シリーズ 政治・法律 > 日本比較政治学会年報 19
出版年月日 2017年06月20日
ISBN 9784623080465
判型・ページ数 A5・242ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

普通選挙が行われていても、特定政党や政治指導者の権力独占が続く政治体制を競争的権威主義体制とよぶ。これは権威主義から民主主義への体制移行期などに短期的にみられるに過ぎないとの見解がある一方で、決して短期間のみにとどまらず安定していることも珍しくない。競争的権威主義体制の安定性/不安定性は何に由来するのか、またその概念そのものが実際の対象分析においてその程度有用なのか、といった視点から考察する。

 

[ここがポイント]
◎ 日本比較政治学会研究大会(2016年)の共通論題をテーマとしてまとめた。

はじめに(待鳥聡史)
1 選挙権威主義からの民主化――議院内閣制の脅威?(粕谷祐子・東島雅昌)
2 権威主義体制下の執政制度の選択と変更――「正統性の二元性」と「指導者の二元性」への視点(今井真士)
3 権威主義的政党支配下におけるゲリマンダリング――GISを用いたマレーシアの事例分析(鷲田任邦)
4 タイにおける半権威主義体制の再登場――連続性と不連続性(外山文子)
5 「競争的権威主義」と「委任型民主主義」の狭間で――ラテンアメリカの事例から考える(上谷直克)
6 組織化された野党不在の下の競争選挙実施による支配政党の崩壊――ソ連とメキシコの比較分析(豊田 紳)
7 ポルトガル「立憲的独裁」の成立(1926-33年)(武藤 祥)
8 戦前日本における民主化途上体制の崩壊――競争的権威主義体制論への意味(竹中治堅)

日本比較政治学会設立趣意書
入会のお誘い

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620